リサとガスパール&ペネロペ展

 連休1日目。
 充実した連休を過ごすため、色々やりたいと思うことは沢山ある。

 mixiの「うっかりペネロペ」コミュで情報があった「リサとガスパール&ペネロペ展」へ行って来た。

 「リサとガスパール」や「うっかりペネロペ」は、ゲオルグ・ハレンスレーベン、アン・グッドマン夫妻によるフランスの絵本シリーズである。
 昨年11月頃からNHKで「うっかりペネロペ」のアニメが放映されていたことで、最近特に注目が集まっていたようだ。

 会期中最初の土曜日だからか、会場は多くの人で賑わっていた。絵本の原画の展示ということもあり、子供連れも多かった。そのせいで、ちょっと会場内がざわついた印象もあったけれど。

 「リサとガスパール」に登場するパリの風景を映像化したビデオの放映に始まり、絵本1冊毎にセクションを区切って展示されている原画。その合間を縫って、使用されている画材、デッサンやスケッチ、下絵なども展示されている。
 会場内にアトリエを再現し、実際にリサの絵を書いている場面の映像を流していたりもした。
 印刷物を見ると、アクリル絵の具で書いているのかな? と思っていたけれど、使っている筆やパレットは油彩用のものだった。実は油絵で描いていたのだろうか? でも油絵だともっと彩度が落ちそうだし、パレットに油壺は付いていなかったし。やっぱりアクリル絵の具? でも木製のパレットでアクリル絵の具を溶いたりするものだろうか。謎だ。

 「うっかりペネロペ」の方は、原画の展示と、しかけ絵本の仕掛けの試作段階のものと実際の絵本を対比した展示など。
 作者が缶にペネロペの絵を描いたものや、紙粘土で作ったペネロペの人形などもあった。
 その中に、「日本製のおもちゃに手を加えたもの」として、ペネロペが首を振っている人形があった。…これ、ひだまりの民だ。フランスでも同じものが売っているのか。でもこれをペネロペに改造するなんて。作者の人、面白い発想をしている。
 本当に頭の部分がペネロペになっているものが製品化されたら面白いのにな。

 物販コーナーもすごい人だかりだったけれど、図録と「リサとガスパール」が特集されているMOE4月号、ペネロペのカードケースを購入。
 スタンプラリーも挑戦して、ペネロペの缶バッジを貰った。
 絵本もちょっと欲しかったけれど、お金が無いのでまた今度。

美術館「えき」KYOTO
リサとガスパール&ペネロペ展
開催期間:2007年4月26日(木)~2007年5月27日(日)
観覧料:一般600円(400円)、小・中学生400円(300円)
http://www.wjr-isetan.com/kyoto/floorevent/index_7f.html
[PR]
by die-Abdiel | 2007-04-28 20:36 | アート

日々の徒然を書き綴ったり書き綴らなかったり。


by die-Abdiel

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日記
ゲーム
Ragnarok Online
マビノギ
しまにてぃ
BlogPet
コレピク
TRPG・ボードゲーム・ARG
ニュース
手芸・和裁・洋裁
アート
映画
食べ物
旅行・観光
舞台
本・書評
バトン
人形
Web拍手レス
ファッション
コンピュータ
未分類

タグ

(24)
(23)
(22)
(15)
(13)
(7)
(6)
(6)
(4)
(2)

以前の記事

2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

ルーンファクトリー 2≪..
from 任天堂で遊びましょ
リサ ガスパールまとめさいと
from リサ ガスパール情報館
ポールスミス腕時計愛用者..
from ポールスミス腕時計愛用者のお..
セオリー
from セオリー
セオリー
from セオリー

Abdielの最近読んだ本

Abdielの最近やったゲーム

コミックダッシュ! Abdiel の所有コミック

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
ゲーム

画像一覧