カテゴリ:コンピュータ( 5 )

【自作PC】5. ケーブル類の取付

1. CPUの取付
2. メモリの取付
3. 電源の取付
4. マザーボードの取付
5. ケーブル類の取付

 取り付けたマザーボードにケーブル類を取り付けていくよ。

c0044075_0181536.jpg まずは電源ケーブル。
 メモリスロットの右側に「EATX PWR」って書いてあるコネクタがあるよ。これは24ピン。
 電源側には「20+4P」ってケーブルがある。二股になって分かれているってことは、20ピンのものもあるってことかな。
 これをぴったりくっつけて、コネクタにぴしっと挿すよ!

c0044075_0184255.jpg もう一ヶ所、「EATX12V」って書いてあるコネクタがあるよ。こちらは8ピン。CPUの左上辺りだね。
 電源ケーブルの8ピンのものを引っ張ってきてぴしっと挿すよ!

c0044075_019487.jpg 説明書には先にSATAデバイスを接続するように書いてあるけど、先にフロントI/Oコネクタのケーブル類を挿すよ。なんでかって言うと、端っこの方にコネクタがあるから、SATAケーブルを先に挿すと挿しにくくなるんだ。実は1回挿して1回抜いているよ。
 右下にシステムパネルコネクタ。
 PCケースのシステムパネルのケーブルを引っ張ってきてね。
 説明書の図を参考に、システム電源LED、ハードディスクドライブアクティビティLED、ビープスピーカー、電源ボタン、リセットボタンのケーブルをそれぞれのピンに挿すよ。ピンを折らないように気をつけてね!

c0044075_0205693.jpg 次は、フロントパネルオーディオコネクタ。
 見にくいと思うけど、左下辺りに「AAFP」って書かれているコネクタがあるよ。ここに挿してね!

c0044075_021848.jpg そしてUSBケーブル。
 USB 2.0コネクタが下真ん中辺りに3つあるよ。

c0044075_0212469.jpg どれもマザーボードの下辺にあって見づらいだろうから、反対側から撮影してみたよ。上から見るとこんな感じだよ。

c0044075_0215525.jpg あとはケースファンのケーブルだね。
 前のケースファンのケーブルをPWR_FANのところに挿すよ。

c0044075_0221089.jpg 後ろのケースファンはここでいいかな?CHA_FAN1に繋ぐよ!

 他に忘れているところはないかな?忘れているところを見つけたらまたその時繋げばいいか。

1. CPUの取付
2. メモリの取付
3. 電源の取付
4. マザーボードの取付
5. ケーブル類の取付
[PR]
by die-Abdiel | 2012-09-17 16:13 | コンピュータ

【自作PC】4. マザーボードの取付

1. CPUの取付
2. メモリの取付
3. 電源の取付
4. マザーボードの取付

 いよいよPCケースの中にマザーボードを取り付けるよ!

c0044075_0391042.jpg まずはI/Oパネルを取り付けるよ!
 I/Oパネルは、マザーボードについている接続端子がPCケース背面に顔を出す部分の蓋になるものだよ。これが無いとPCケースの中に埃が入りやすくなってしまうよ。

c0044075_0413640.jpg I/Oパネルを取り付けるのはここ!PCケースの背面の、真ん中左側辺りだね。
 不要なパーツと一緒に古いI/Oパネルを取り除いていなかったら、ここで取り除いておこう。新しくPCケースを買った場合でも、付属のI/Oパネルの穴の位置とマザーボードの接続端子の配置が違ったりするよ。確かめて穴の位置が合わないようならここで取り除いておこう。マザーボードを先に取り付けてしまうと、I/Oパネルが付け替えられないよ!
 I/Oパネルを外す時は、I/Oパネルのへりの部分をPCケースの外側から中へぎゅっと押し込むようにすると外れるよ。PCケースの中が覗けるね!

c0044075_0415573.jpg これはマザーボードに付いていたI/Oパネルだよ。
 マザーボードの接続端子をPCケース背面の穴から覗かせるには、接続端子が付いている方、写真では左側を上に取り付ける必要があるよ。
 つまり、I/Oパネルもそれに合わせて左側を上、丸が6つ並んでいる方を下になるように付けなければならないよ。

c0044075_04212100.jpg I/Oパネルの向きを確かめたら、PCケースの内側からI/Oパネルを取り付けるよ。
 外した時と同じ要領で、PCケースの内側からI/Oパネルのへりをぎゅっと押して穴に嵌めるようにすれば良いんだよ!

c0044075_0422795.jpg 次はマザーボードのマウンタにスペーサーネジを取り付けるよ!
 スペーサーネジは、ネジの頭が縦に長い、六角形のネジだよ。この頭の部分にネジ穴が付いていて、このスペーサーネジと普通のミリネジでマザーボードを挟む形で取り付けるよ。
 スペーサーネジを付けると、マザーボードのマウンタからちょっと浮いた形でマザーボードを取り付ることができるよ。こうすることで、マザーボードとマウンタの金属が触れてショートしたりするのを防ぐんだって。

 さて、マウンタにいくつかネジ穴が開いているのが分かるかな?
 マザーボードを上に置いて、マザーボードのネジ穴と合わせて対応しているネジ穴を確かめよう。そこにさっきのスペーサーネジを付けてね。

 ちなみに、古いマザーボードは9箇所ネジ止めしていたけれど、新しいマザーボードは6箇所で済んだよ。右の1列が3つとも不要で、後は元のままで大丈夫だった。
 同じATXの規格のマザーボードだけど、最近はこういうところも小型化されているのかな?

c0044075_0424148.jpg スペーサーネジが付いたらあと一息!
 スペーサーネジの上にネジ穴を合わせながらマザーボードを置いてネジを締めるよ!
 これでマザーボードの取付完了だよ!!

 さらっと書いているけど、まるっちが不器用なせいか、意外とここで苦戦したよ。
 I/Oパネルの穴のところに付いているツメって言うのかな、あのバリみたいなやつとマザーボードの接続端子のところが引っかかって、I/Oパネルの穴とマザーボードの接続端子の位置を合わせつつ、マザーボードのネジ穴とスペーサーネジの位置を合わせつつ、というのが意外に難しかったよ。先にI/Oパネルのツメを引っかからないようにちょっと曲げておいた方が良かったかもね。

 マザーボードがPCケースに付くと、ずいぶんパソコンらしくなってきた感じがするね!

 こうして見ると、このCPUクーラーの「横から風を送って冷やす」という設計思想が目に見えて分かるね。ケースファンはPCケースの前面から吸気して背面から排気するようになっているんだ。ケース内の空気の流れを一方向にすることでケース内の空気の循環を良くしようとしているんだね。


1. CPUの取付
2. メモリの取付
3. 電源の取付
4. マザーボードの取付
[PR]
by die-Abdiel | 2012-09-17 15:36 | コンピュータ

【自作PC】3. 電源の取付

1. CPUの取付
2. メモリの取付
3. 電源の取付
4. マザーボードの取付

 次はパソコンのケースに電源を取り付けるよ!
 電源付きのケースを購入している場合は不要な作業だね。

c0044075_18514755.jpg 今回は今使っているPCケースを流用して新しいパソコンを作るよ!

 Abdielが持っているのはSOLDAMの「WiNDy ALTIUM RS8」というやつだよ。
 サイドとトップのパネルにメッシュのアルミ板を使用していて、とても通気性の良いケースなんだよ!
 デメリットは、メッシュパネルを使っているために中の音が漏れやすいとか、中に細かい埃が入りやすいとかかな。気をつけてなるべく掃除するようにしないとね。あとは、フロントパネルの色に合わせてシルバーベゼルのドライブ類を付けようとすると選択肢が限られてしまうことかな。今はどうも黒が主流みたいだね。

 検索してみたら、どうやらSOLDAMというメーカーは倒産してしまったそうだよ。時の流れは残酷だね。

c0044075_1853245.jpg ネジを外して、サイドとトップのパネルを外すよ。
 そして、パーツを取り付けるのとは逆の手順で古いパーツを外していくよ。
 これは100均で購入したチャック付きポリ袋。外したネジをまとめておくのにあると便利だよ!

 もちろん、この作業は新しくPCケースを購入した場合には不要だよ。電源無しのPCケースを購入していたら、すぐに電源を取り付けるところから始めよう!

c0044075_18532165.jpg 今回購入したのはhecWIN+ POWER3 750Wだよ。
 内容物はこんな感じ。
  • 電源本体
  • 電源ケーブル
  • ネジ
  • 取扱説明書
  • 保証書


c0044075_18533278.jpg 電源を取り付ける場所は、PCケースの後部上側だよ。
 こんなふうに後部側面を4箇所ネジで締めれば・・・ほら、できあがり!無事電源を取り付けることができたよ!!

 ちなみに、「WiNDy ALTIUM RS8」に付いていた電源は450W。
 2台目を作る予定も無いから基本的に古いパーツは要らないのだけれど、中古の電源って欲しい人はいるのかな?かなり古いけど、中古のパーツって売れるものなんだろうか。
 古いパーツの処分の仕方もぼちぼち考えておかないといけないね。

1. CPUの取付
2. メモリの取付
3. 電源の取付
4. マザーボードの取付
[PR]
by die-Abdiel | 2012-09-17 14:49 | コンピュータ

【自作PC】2. メモリの取付

1. CPUの取付
2. メモリの取付
3. 電源の取付
4. マザーボードの取付

c0044075_2322364.jpg 次はメモリを取り付けるよ!

 これはUMAXのDDR3-1333という規格のメモリ。2GBを2枚挿して4GBにするのが主流っぽかったけれど、4GBを2枚で8GBにすることにしたよ。メモリは以前のパソコンでも増設したし、ちょっと多めにしておいても良いんじゃないかなって思ったんだ。メモリは割りとすぐ安くなりそうな気もするけどね。

 ちなみに、マザーボードの説明書やWebサイトに推奨ベンダーリストが掲載されているよ。パーツの相性が気になる人は、そこに載っている製品を選ぶと良いんじゃないかな!

c0044075_232254.jpg メモリを取り付ける場所はここ!
 写真では手前、このマザーボード上ではCPUの右側に当たる場所にあるこの細長いスロットに挿し込むんだよ!!

c0044075_23223264.jpg 説明書を見ると、2枚のメモリを挿す時はA2とB2スロットに、4枚のメモリを挿す時は4つ全てのスロットに挿すように書いてあるよ。

 写真じゃ見づらいけれど、メモリスロットの左上にスロットの名前が書いてあるよ。上からDIMM_A1、DIMM_A2、DIMM_B1、DIMM_B2。つまり、青いメモリスロットに挿せば良いんだね!

c0044075_23224377.jpg まずはA2スロットから。
 白いストッパーを左右に倒すよ。
 そして、メモリをスロットの差込口の上に乗せて、左右を持ってせーので挿し込むよ!
 メモリが奥まで挿し込めたら、てこの原理でストッパーが元の位置に戻ってメモリが固定されているはずだよ。確かめてみてね!

c0044075_2322543.jpg B2スロットも同じように。
 これでメモリが取り付けられたよ!

 このマザーボードには、1GB、2GB、4GB、8GBのNon-ECC Unbuffered DDR3メモリを取り付けることができると説明書に書いてあるよ。つまり、32GBまでメモリを増設できるんだね。
 でも、A1スロットにメモリを挿そうとすると、若干CPUクーラーのファンと干渉しそうだよ。いや、指してしまえば問題無いのだろうけど、まっすぐ上から差し込むのが難しい感じ。これは1回CPUクーラーを外してから挿さないといけなさそうだね。

1. CPUの取付
2. メモリの取付
3. 電源の取付
4. マザーボードの取付
[PR]
by die-Abdiel | 2012-08-23 23:20 | コンピュータ

【自作PC】1. CPUの取付

1. CPUの取付
2. メモリの取付
3. 電源の取付
4. マザーボードの取付

 まるっちが自作パソコンに挑戦するよ!

 もうすぐWindows8が発売になるね。でもこれはタブレット用のOSみたいだからWindows8のパソコンの購入は見送ろうかなと思っているよ。更に次のOSが発売されるまで待っている間に、今使っているWindows XPのパソコンが壊れても困るしね。
 そこで、今のうちにWindows7のパソコンを作っておこうと思ったんだ。Abdielの職場のパソコンもWindows7だから扱いやすくて良いんじゃないかな。

 そして、
「今作るならCore i7機が良い」
という言葉を信じてCore i7機を作ることにするよ!
 普通はCPUから決めるのか、マザーボードから決めるのか、どのパーツから選び始めるものなのかあまり分かっていないけれど、価格.comを見ながら、良さそうなのを適当に購入するよ。詳しい人が見たらめちゃくちゃなパーツの選び方をしているかもしれないけれど、構うもんか。

 それじゃあ、行くよ!!

c0044075_2314613.jpg まるっちが選んだマザーボードはこれ!ASUSP8H77Vだよ!!
 これを選んだのは、まずLGA1155ソケットに対応していること。まるっちが使いたいCPUのソケットの規格がLGA1155ってやつだったからだね。
 それから、値段が1万円を切っていたこと。9980円だったんだ。予算も大事だよ!
 あとは、評価が良さそうだったのと、ASUSは割りと良いメーカーらしいこと、きちんと日本語のマニュアルがついていることかな。ASUSはちょっと前にEee PCを出したことで有名な台湾の会社だね。マニュアルもきちんと記述されているよ。もっとも、Abdielは以前買ったGIGABYTEのマザーボードについていたマニュアルのパソコンの組み立て方の方が分かりやすいとかで、個人的にはそっちの方が好きだとか。でも、充分組み立て方が分かる説明になっていると思うよ!

 ちなみに、内容物はこんな感じ。
  • マザーボード本体
  • マニュアル
  • 簡易マニュアル
  • サポートDVD
  • SATAケーブル
  • I/Oパネル


c0044075_23143571.jpg こんな感じの基板だよ。

 まずはCPUを取り付けるよ!

c0044075_23145357.jpg 写真じゃ見えづらいけど、CPUソケットのカバーの左下に三角の矢印が付いているよ。これはCPUを取り付ける方向を間違えないようにするための目印なので、忘れずチェックしておこうね!

 まずは、CPUソケットの横のレバーを止め具から外して上に上げるよ。これでCPUソケットの蓋を固定しているんだね。

c0044075_2315663.jpg 次に、CPUソケットの蓋を開けるよ。

c0044075_23152541.jpg そして、じゃーん!これがCore i7のCPUだよ!!
 Core i7 2600はクロック周波数が3.4GHzなんだって。そしてこのCPUのソケット形状の規格がLGA1155なんだ。
 今回はバルク品っていう、CPUだけの状態のものを購入しているよ。
 箱で買うと、CPUクーラーやCPUクーラーを取り付ける時用のグリスなんかも付いてくるはずだよ。

c0044075_23153888.jpg さて、CPUソケットのカバーに矢印が書いてあったのを覚えているかな?
 CPUにも左下に矢印が書いてあるよ。この矢印の方向を合わせて、ソケットを傷めないようにそーっと置くよ。
 そーっと・・・はっ・・・

c0044075_23155051.jpg ふ、蓋を閉めるよ・・・

c0044075_231688.jpg CPUソケットの横のレバーを下ろしてCPUソケットの保護カバーを外すと・・・ほら見て!きれいにCPUが取り付けられたよ!!
 ちなみに、保護カバーはマザーボードの修理なんかの時に必要だとかで置いておくようにと注意書きがあるよ。無くさないように気をつけないとね。

c0044075_23162675.jpg さぁ、次はCPUファンの取り付けだよ!

 バルク品のCPUを買ったから、今回は最初から付属品でないCPUファンを使うことになるよ。
 今回購入したのは、Cooler MasterHyper TX3 EVO
 これも価格.comで値段と評価を見て決めたものだよ。

 内容物はこんな感じだね。

  • CPUファン本体
  • ネジ
  • AMD系のCPUに取り付けるためのリテンションプレート
  • Intel系のCPUに取り付けるためのリテンションプレート
  • ファンを増設するときに使うファンレールブラケット
  • グリス
  • 防振パッド
  • ゴムバッフル


c0044075_23164062.jpg まずはCPUファン本体にリテンションプレートを取り付けるよ。
 Core i7はIntelのCPUだから、こんなふうに4本の足を付けるような感じになるよ。L、Rがあるから方向を間違えないようにね。あと、ソケットの規格でネジを嵌める穴の位置も変わってくるから、説明書やリテンションプレートに書かれている番号を良く見てね。LGA1155は真ん中の穴だよ!

c0044075_2316528.jpg CPUクーラーのベースの保護シートをはがすよ。

c0044075_23175238.jpg 次はグリスを塗るよ。

 マザーボードの説明書にはCPU側にグリスを塗るようにって書いてあるけど、CPUクーラーの説明書にはCPUクーラー側にグリスを塗るように書いてあったよ。
 多分、きちんとCPUとCPUクーラーが密着するように塗れさえすればどちらに塗っても良いんじゃないかな。ちなみにまるっちはCPUクーラー側に塗ることにしたよ。

 グリスの容器は注射器みたいな形をしていたよ。蓋を外して、後ろから押し出してね。全部使おうとするとCPUの上に乗せた時にはみ出してしまうから、様子を見ながら少しずつ注意して押し出してね。
 薄く、均一になるように塗るんだよ。へらがあるとやりやすいよ。

c0044075_23185960.jpg グリスを塗り終わったら、CPUの上にCPUクーラーを乗せよう!

 説明書やパッケージの写真を見た感じでは、CPUの右側、メモリソケットのある側にファンが来るように取り付けるみたいだね。
 これはCPUに上から風を吹きつけるのではなく、横から風を送るようになっているよ。ケースファンの方向と合わせることで、ケース内を風が循環しやすくしようという設計思想なんだろうね。

 ちなみに、反対側にもファンを後付けできるよ。もう一つファンを付けるとより強力に冷却できるようになるそうだよ。ファンのサイズは92mmだよ!

c0044075_23191531.jpg CPUファンのリテンションプレートはちゃんとマザーボードの穴の上に乗っているかな?
 そしたら、CPUファンの足を対角線状に押し回してね。マザーボードの穴にCPUファンの足が嵌って固定されるよ。

c0044075_23192665.jpg 最後に、CPUファンの電源ケーブルを繋ぐよ。
 CPUファンの電源ケーブルの挿し位置はここ!CPUファンの左下にあったよ。写真じゃ見えづらいだろうけど、ちゃんと「CPU FAN」って書いてあるよ。間違えないようにマザーボード上の表示をよく見てね。

 これで無事CPUとCPUファンがマザーボードに取り付けられたよ!
 次はメモリを取り付けるよ!!

1. CPUの取付
2. メモリの取付
3. 電源の取付
4. マザーボードの取付
[PR]
by die-Abdiel | 2012-08-22 23:11 | コンピュータ

日々の徒然を書き綴ったり書き綴らなかったり。


by die-Abdiel

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日記
ゲーム
Ragnarok Online
マビノギ
しまにてぃ
BlogPet
コレピク
TRPG・ボードゲーム・ARG
ニュース
手芸・和裁・洋裁
アート
映画
食べ物
旅行・観光
舞台
本・書評
バトン
人形
Web拍手レス
ファッション
コンピュータ
未分類

タグ

(24)
(23)
(22)
(15)
(13)
(7)
(6)
(6)
(4)
(2)

以前の記事

2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

ルーンファクトリー 2≪..
from 任天堂で遊びましょ
リサ ガスパールまとめさいと
from リサ ガスパール情報館
ポールスミス腕時計愛用者..
from ポールスミス腕時計愛用者のお..
セオリー
from セオリー
セオリー
from セオリー

Abdielの最近読んだ本

Abdielの最近やったゲーム

コミックダッシュ! Abdiel の所有コミック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
ゲーム

画像一覧