カテゴリ:ニュース( 14 )

アフガンさん

 11日に起こった東日本大震災について、色々ニュースを見たり何だかんだしていたわけですが。


アフガニスタンが「400万円」支援表明

 アフガニスタンのカンダハル州のグラム・ハイダル・ハミディ市長は12日、東日本大震災の被災者に義援金5万ドル(約400万円)を送ることを表明した。

 AFP通信によると、カンダハル州は反政府勢力タリバンとの内戦が最も激しい地域の一つ。それにも関わらず、これまでに日本がアフガン復興を熱心に支援してきたことへの恩返しとして、「市民を代表して地震と津波の被災者を支援したい」と述べているという。

 アフガニスタンの生活水準では、国民の3分の2が、1日あたり2ドルという生活水準だとも言われており、いかに大きな金額かが理解できる。

アメーバニュース
http://news.ameba.jp/20110313-108/


 アフガンさんが…

 一日の生活費が2ドルの紛争地域の人達が、5万ドルも義援金を送ってくれるとは。

 国内でも、多くの日本人達が大変な目に遭いながらも大きな混乱もなく、支え合い、譲り合い、世界一マナーが良い国だなんて報道もあったようだけれども。
 こういった紛争地域や発展途上国の人々は、日々の自分の生活自体が脅かされていたり、お金に困ったりしている中から身を削って支援してくれようとしているのではあるまいか。

 14日現在で、94の国、9つの国際機関が支援を表明してくれている。http://www.mofa.go.jp/mofaj/saigai/index.html#shien
 まさに世界中の人々が日本を支援してくれようとしている。

 思いやりに人種も国境もない。
 これが愛の力なんだな、と、柄にもなく心洗われる。


 福島原発について。
 現在、福島第1原発1~3号機いずれも炉心溶解しているとみられる、とのことで、非常に今後の動きが気になるのだけれども。

 どうやら1号機のベント作業を行った作業員が、大量被爆している模様。
東北地方太平洋沖地震への対応
http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/jisin/20110311miyagi/index.html
http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/jisin/20110311miyagi/201103130500.pdf
 やっぱり、という思いと、これがなければ原子炉の内圧が高くなりすぎてより深刻な事態になっていたかもしれないわけで、なんだかやりきれないような思いがある。
 彼の行動に、心から敬意を表したい。
[PR]
by die-Abdiel | 2011-03-14 23:07 | ニュース

経済制裁!経済制裁!

Excite エキサイト : 政治ニュース
Excite エキサイト : 国際ニュース

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 経済制裁!経済制裁!
 ⊂彡

 マイミクさんの日記で見かけた。何だか皆レスで引用していておかしかった。
 こういうのをとっさに思いついて書き込めるって凄いなぁ。ぴったりはまってて良い感じだし。

 朝のニュースを見て、ついつい浮き足立ってしまって仕事が進まなかった。さすがにテレビは見れないけれど、気になってWebニュースなんかをちらちら見たり。
 日経の号外がPDF化されているのをプリントアウトしてお昼に持って来ている人もいた。小泉首相と安倍官房長官は、こんな時でもクールビズだった。

 どうやらテポドン2号の発射には失敗したらしい。
 テポドン2が到達した高度は明らかではないが、発射後40秒だと、H2Aなら上空10キロにしか到達していない。宇宙空間にいったん飛び出す長距離ミサイルとしては、高度が不十分だった可能性が高い。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の的川泰宣教授は「液体燃料ロケットは、制御して止めない限り2分以上は絶対に燃える。なにか不具合があったのではないか」と言う。

 一方、宮澤政文・元静岡大工学部教授は、当初計画通りだった可能性も捨てきれないという。「想像だが、燃料の調達に苦労しているのではないか。初めから1、2割しか燃料を入れなかった可能性もある」

 宮澤さんは、10年前に中国の長征ロケットが発射直後に爆発した例を挙げ、「今回は数百キロ飛んでいるし、着火やエンジンの作動も確かめられたはずだから、北朝鮮は成功だと思っているかも知れない」と指摘する。

 また、韓国メディアの「聯合ニュース」は、40秒の飛行でも、ある程度性能が把握できるため、「あえて射程を縮めて日本海に落下させた意図的な失敗だった」との見方を紹介している。

 元海上自衛隊幹部で弾道ミサイル防衛に詳しい金田秀昭・岡崎研究所理事は「北朝鮮側の目的がわからない段階で、限られた情報とデータをもとに断言するのは早すぎる。米国には非合理的に見えても、北朝鮮は目的を達成したと考えているかもしれない」とし、時間をかけた慎重な分析が必要とみている。(2006年07月05日asahi.comより)

 という意見も一方であるようだ。

 朝方に6発、夕方に1発の計7発。アメリカの独立記念日に日を合わせての発射。計画的に行われているなぁという印象を受ける。
 アメリカと直接2国間協議を持ちたいがためのミサイル発射だそうだが、アメリカはどうもそういう方向には動きそうにない。

 北朝鮮国内では、
「いっそのこと戦争になったらいいのに」
と思う人間もいるそうだ。
 勝算があるから、という訳ではない。それだけ人心が疲弊しているのだ。
 太平洋戦争開戦時の日本もそういう面があったそうだが、開戦後の戦略も考えず、ただアメリカ憎しで一泡吹かせてやろうというので戦争に踏み切ってしまえと考えるのはやはり痛々しい。

 今回の北朝鮮の動きを受けて、日本政府は万景峰号の入港禁止、日本・北朝鮮間の出入国の禁止、輸出入や送金の禁止などの経済制裁を決定した。
 拉致被害者の会などから以前より北朝鮮への経済制裁を求める声は高まっていたが、日本政府側はこういう時に経済制裁を発動できるようタイミングを計っていたのではと思う。
 寄港を禁止された万景峰号の乗客に大阪朝鮮高級学校の修学旅行生らがいるとの事で、きちんと家に帰れるかどうか少々心配だった。が、午後になって下船は認められたようで安心した。高校生に罪はないから。
 一方、朝鮮総連はミサイル発射には言及せずに今回の経済制裁は不当だと主張しているとか。どこまでも胡散臭い組織だ。 

asahi.com
http://www.asahi.com/
万景峰号の入港を一時許可 生徒ら下船のため人道的配慮
http://www2.asahi.com/special/060705/TKY200607050570.html
テポドン2「失敗説」、民間専門家から慎重論も
http://www.asahi.com/national/update/0705/TKY200607050589.html
[PR]
by die-Abdiel | 2006-07-05 23:09 | ニュース

上映禁止:中国で「SAYURI」 反日感情悪化を懸念

 23日付の香港紙「東方日報」などは、来月10日に中国本土で予定されていたハリウッド映画「SAYURI」(ロブ・マーシャル監督)の初上映が中止されたと報じた。中国人女優の章子怡(チャン・ツィイー)さんがヒロインの芸者役を演じていることから、中国人に旧日本軍の従軍慰安婦問題を思い起こさせ、反日感情の悪化につながることが懸念されるためと同紙は伝えている。(MSN毎日インタラクティブより)
 デリケートな問題だと思うなら、そもそもチャン・ツィイーが出演拒否でもしていれば良かったのだろうか。国際的に活躍しようという女優の活動を自国が認めないというのも何だか変な話だ。

 そもそもこれは、日本映画ではなくハリウッド映画だ。ドキュメンタリー映画ではなく娯楽映画だ。
 日本人なら、この映画で描かれているのは「芸者」ではなく「ゲイシャ」だということは一目瞭然だろう。もっぱら海外では「芸者」はこのように受け止められ、その方が受けるからだと思うのだけれども。

 何にせよ、娯楽映画として作られているものを笑って観れないというのは不幸なことだな。

 一方、中国の領土内でも、台湾では「SAYURI」(台湾版タイトルは"藝伎回憶録")はヒットしているようだ。
 一方、16日から『SAYURI』が上映となった台湾では、台北市における最初の週末の興行収入は1100万台湾ドル、台湾全体では2200万台湾ドルにのぼるなど、好調な滑り出しをみせている。

 インターネット上では、主人公「さゆり」の幼少時代を演じた大後寿々花の人気がブレイク。「可愛い」「演技が素晴らしい」などとと彼女を絶賛する書き込みが集中しているという。(中国情報局より)
 どうやら、台湾では「京都で芸者体験ツアー」みたいなのも組まれているそうだ。「一見さんお断り」とか言われないのだろうか。昔はどんなに現金を積まれても上げないのが当たり前だったのに。京都の花街も変わったもんだな。

MSN毎日インタラクティブ
http://www.mainichi-msn.co.jp/
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060124k0000m040037000c.html

中国情報局
http://news.searchina.ne.jp/
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0124&f=entertainment_0124_002.shtml
[PR]
by die-Abdiel | 2006-01-24 23:00 | ニュース

ロシアで一夫多妻制論議沸騰

ロシアで一夫多妻制論議沸騰 チェチェン実力者発言受け(goo ニュースより)

 チェチェンの人口や、チェチェンにおけるイスラム教徒の割合を知らないのではっきりしたことは言えないのだが。

 女性が10%男性よりも多い状態で一夫多妻制を認めるならば、女性が足りなくならないだろうか。あくまで富裕層だけが妻を複数娶るだろうという予測なのだろうか。
 一体どういう試算をしているのだろう。

 法律上は全イスラム教徒に一夫多妻を認めていても、実際的には富裕層だけが妻を複数娶り、女性を独占するような状況になれば、社会格差が広がりそうな気がする。
 結婚できない層ができている国だと、下町へ行ったりしたら男の人がぎらぎらしているらしい、という話を聞いたことがある。そういう場所だと、当然強姦なんかも起きやすい。しかも、本能的な問題から犯罪に走るので、治安維持もそれだけ困難になっていく。
 社会的地位によって結婚できる・できないが決まってしまうと、直接的・間接的にまずい事態が起こると思う。

 宗教がらみの一夫多妻制でまずい例もあるようだ。
 確かコロラドのモルモン教徒が一夫多妻制を採用していたと思う。これがえげつないらしい。
 カルトの教祖が信仰を盾に女性信者にどうこうしたとか、まあよくある話と言えばよくある話だけれども。

 「戦争で家族を失った女性を守るため」という、イスラム教が一夫多妻制を採用した本来の目的通りに事が動くならそれで構わないのだ。

 けれども、ロシアは今、チェチェン独立派の運動によって、ロシア側から見ればテロリストによってテロが行われている国なのだ。もちろん自爆テロもある。
 女性による自爆テロもある。そういった女性シャヒード(殉教者)の中には、自ら自爆を志願したのではなく自爆させられた人も多いそうだ。
 そういった中で、もしチェチェン独立派のイスラム教原理主義者の男性と結ばれたならば、その女性達は一体どのような運命を辿ることになるのだろう。
 これに、極右として知られるロシアの自由民主党指導者ジリノフスキー連邦下院副議長がまず賛成。「ロシア全体で認めるべきだ。一夫一妻制しか認めない家族法の改正を進める。私も第2、第3の妻をめとる」と語った。ロシアの公的なイスラム指導者タジュドジン師も「深刻な人口減の問題の解決に資する」と賛意を示した。

 しかし、ロシア正教会のモスクワ総主教管区は「他宗教の慣習を尊重するが、ロシアで一夫多妻制は支持できない」と表明。ロシアでは飲み過ぎなどによる男性の平均寿命の短さも深刻なだけに、女性のスリスカ下院第1副議長は「平等と男性保護の必要から、一妻多夫制も認めるべきだ」とジリノフスキー氏らに反論している。(goo ニュースより)
 記事内の発言を見る限りでは、どうも軽く考えて議論がされてるような印象を受ける。
 「お前が沢山女が欲しいだけじゃないのか」
みたいな。
 一妻多夫制を提唱するのも珍しい。ロシアにはヒモを複数抱えられる女性が大勢いるのだろうか。
 一妻多夫制を採用している所って、どこがあるのだろう。確か、中国のどこかの地方で一妻多夫制が認められている所があったような気はするけれども。

 いずれにせよ、チェチェン独立紛争がきちんと解決しないことには人口問題も解決しないのではなかろうか。そして、ロシアの傀儡政権による独立派の人間への拷問などの虐待が止むこと無しに、紛争の解決を見ることはないのではないだろうか。
[PR]
by die-Abdiel | 2006-01-16 22:01 | ニュース

寄贈手作り本廃棄とは何事

 12月28日の京都新聞読者投稿欄に興味深い投書が寄せられていた。68歳の男性、M氏の投書だ。
 全文引用は大変なので、要点のみを以下に書き出す。
 A5版185頁の手作り本を出版した。小部数なりに有効活用したいと考え、県内の公立図書館に寄贈することにした。全ての図書館への寄贈は無理なので、地域別に寄贈先を選別した。
 ところが、その中の幾つかの館では最初から廃棄されていた。館長に講義したところ、反省するものもいたが、寄贈図書の扱いは図書館側の判断と退けるものもいた。これらの対応にはどうしてもうなずけない。
 公立図書館なら寄贈図書の扱いは、公正な基準があってしかるべき。廃棄するのなら著者にそれなりの説明責任を果たすべきである。(京都新聞12月28日朝刊より)
 残念ながら、本文からは、その「手作り本」がどの種の「本」であったかということが読み取れない。従って、私もきちんとした判断が下せないのではあるが。

 まず、学術論文系の著書のようなものであった場合。
 最初は自費出版で発表されたものが、後のその業界での通説になったというケースもある。従って、一般の流通に乗っていない書物だからといって馬鹿にしてはならない。

 或いは、その土地に長年暮らしてきた中で書き記した日記や手記をまとめたようなものであった場合。
 これは内容にもよるのだが、郷土史的、または風俗・民俗学的価値を帯びる場合があると思う。

 迷うだろうと思うのは、自作の小説などを本にしたものであった場合。
 こういった場合は、書き手の価値観と受け手・読み手の価値観が必ずしも一致するとは限らない。一般の流通の視点から見ても、小説や漫画は「安価で数売れれば良い消耗品」という売り方・扱われ方をしている。また、同じ値段の文庫本でも、純文学とライトノベルを比べると純文学の方が本としての(或いは文学的な)価値が高いと多くの人は思いがちである。
 このように本としての価値基準が一様でないために、判断が難しくなるであろうと思うのだ。

 内容はどうあれ、自分の書いたものを誰かに読んで欲しいと思う気持ちは分からないでもない。
 私だって、このようにブログを書いたりしている身なのだ。
 URLを知り合いにしか教えていない閉鎖的なブログであっても、いかに読み手を意識していない淡々とした文を書いてはいても、いかに自分の忘備録的に記述している記事が多くとも、全く誰かに読まれることを考えていないわけではない。自分の頭の中で留めておこうと思うような内容はそもそもこんなところには書かない。
 我々のようなコンピュータを扱える年代ならばこのように自分の書いたものをWeb上で公にすることもできる。が、前述の68歳の男性の場合は、そうしたくてもできない可能性が高いであろう。
 ならば、公立図書館を利用したい、と考えるのはあながち間違った考えではないのかもしれない。

 しかし、一見どこも同じように見えても、通常、図書館には収集方針というものがあらかじめ定められている。
 寄贈図書であってもこれに準じて扱われるべきなのであろうし、またそのようにされているはずだ。

 また、廃棄するなら著者に説明を、というのも現実的ではないように思える。
 寄贈図書受け入れる際は、100冊単位になることもしばしばだからだ。それらについて、きちんと選り分けた上で問い合わせをするというのは非常に困難である。もし実際にやれば、本来の貸出業務に支障をきたす恐れもあるのではなかろうか。

 寄贈先を選ぶ際に、地域毎に選ぶのではなく、館の収集方針などをあらかじめ問い合わせるなどして自分の目的・著書の内容と合致するかどうか確かめた上で寄贈すれば良かったのではないか。或いは、寄贈する際に
「こういう目的で寄贈したい。蔵書できない場合は要返却」
等書き添えて寄贈すれば良かったのではないか。
 何にせよ、寄贈前に図書館側と充分な意思疎通が行われていれば、このようなミスマッチは起こらなかったであろうと思う次第である。
[PR]
by die-Abdiel | 2005-12-28 22:31 | ニュース

セクシー・ビンラディン

 国際テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者のめいワファ・ドゥフールさんが米男性誌「GQ」1月号に登場し、端正な美ぼうとセクシーな姿態を披露した。AP通信が23日伝えた。(京都新聞12月25日朝刊より)
 国内のWebニュースでは、毎日インタラクティブで該当記事を発見。

 写真を見ると、ベッドの上で足を投げ出しているもの、泡風呂に入っているものの2種類があるようだ。エキゾチックな美人だ。
 本人はテロ組織の指導者をおじに持っていることで苦悩しており、
「イスラム原理主義者とはお付き合いしたくない」
などと言っているそうだ。
 一般的なイスラム教徒からすれば、どちらもアナーキーな人間に違いなかろうと思うのだが。

 どうやら問題児の多い一族のようだ。

毎日インタラクティブ
http://www.mainichi-msn.co.jp/
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20051225ddm007030024000c.html

CNN.com
http://edition.cnn.com/
http://edition.cnn.com/2005/US/12/23/bin.laden.niece.ap/index.html
[PR]
by die-Abdiel | 2005-12-25 23:39 | ニュース

大使に靖国参拝抗議の書簡 米下院外交委員長

 米下院外交委員会のハイド委員長(共和党)が、小泉純一郎首相や国会議員の靖国神社参拝に抗議する書簡を加藤良三駐米大使あてに送っていたことが24日、分かった。
 (中略)
 ハイド氏は書簡で「靖国神社はアジアや世界において第2次世界大戦の未解決の歴史、さらに太平洋に戦争を引き起こした軍国主義的な姿勢のシンボルになった」と指摘。A級戦犯を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)が勝者の押しつけた正義ではなく、真の正義だと強調している。(共同通信社Flash24より)

 中韓ではなく、アメリカが首相の靖国参拝を問題にするとはちょっと珍しいという気がした。

 靖国神社を問題視する場合、大雑把に分けて2通りのパターンがあると思う。
 1つは、太平洋戦争のA級戦犯が祀られている靖国神社の在り方を問う所に端を発するもの。もう一つは、1国の首相が参拝することの是非を問うものである。
 一口に靖国問題と言っても、切り口によって宗教問題にも政治問題にも歴史問題にもなり得る。

 結論を先に述べると、宗教問題として捉えた場合、私は靖国神社を肯定する。

 理由は以下に述べますが、宗教に興味の無い方にはネムい内容だと思います。ですので宗教に興味のない方、及びネット上で宗教や政治の話をするべきでないと考える方は、どうぞ読み飛ばして下さいませ。

----------------------------------------------------

 まず最初に、宗教的・信仰的真実と歴史的・科学的事実とは必ずしも一致しない。これをわきまえておかないと、話を進めようにも話が噛み合わないだろう。
 分かりやすい例で言うと、旧約聖書では神が最初の人間・アダムとイヴを創造されたとなっているが、実際には人間は猿から進化した生物である。ギリシャ神話では巨人アトラスが天を支えているが、実際には地球は球体で太陽の周りを回っている。

 ではなぜA級戦犯を祀るのか。
 答えは簡単で、戦争に加担したからである。

 太平洋戦争では、日本軍の兵士だけでなく一般人も数多く命を落としている。広島や長崎には原爆が投下された為に、20万人以上の死者を出している。にもかかわらず、平和公園には慰霊塔や慰霊碑が建てられても神社は建設されていない。両者には明確な違いがある。
 それは、その人が死んだ後に祟るか祟らないか、ということである。

 それに、日本で犯罪者が神道の祭神に祀られるという事は決して珍しいことではない。
 例えば、北野天満宮の祭神・菅原道真は醍醐天皇の皇位簒奪を謀った罪で大宰府へ送られている。水無瀬神宮の祭神・後鳥羽上皇は承久の乱を起こし隠岐へ流されている。
 こういった人々は、生前どういった人物であったかが重要なのではなく、むしろ死後の祟りを恐れて神社が建立されているのである。このような歴史上の人物を祭神とする神社は、神社の謳うご利益が生前の人物像と一致していない場合が多いように思う。それは、こういった神社には祭神の死を悼みつつ
「祟らないで下さいね」
とお願いしに参拝するべきであろうが、神道では現世利益が無いとなかなか参拝されるものではない。だから後付で何かご利益を、という神社側の苦肉の策なのだと私は考えている。(生前学者であった官公は例外だろう)
 これらが天照大神等の古事記の神々を祀る神社との根本的な違いである。

 従って、東京裁判の結果は、宗教上の理由に照らし合わせると関連性はさほど高くは無い。また、崇め奉るためではなく恐れのために建立された神社なのだから、そこに参拝したからといって軍国主義や戦争礼賛には繋がらない。そもそも、国の為に命を散らした英霊だの何だのという理屈も、同様に後付の美辞麗句だと私は考えている。
 右翼団体にとっては、靖国神社はシンボリックな神社であるということは否定できないが。

 とはいえ、犯罪者を祀るということに疑問や反感を持つ方はいるだろう。
 しかし私は、冒頭で述べたように、宗教的真実と歴史的事実は分けて考えなければならないと思う。それはそれ、と扱うべきなのだ。

 各々の信者の方には申し訳ない思いがするが、神道以外に犯罪者を教義に取り込んでいる例としては、仏教の仏弟子アングリマーラがそれに当たるだろうか。
 また、イエス・キリストは犯罪者であるが、キリスト教では人々を救う神の子として扱われている。メシアとは本来イスラエルを再建する者という意味で、当時はローマから独立を果たすための指導者がそれであると考えられていた。また、磔刑は政治犯の処刑法だそうで、単に迫害されただけで磔刑になるとはおよそ考えられないことなのだそうだ。

 この時のユダヤ人がイエスをローマに引渡し、十字架に付けろと言った事がきっかけでユダヤ教徒とキリスト教徒の間に反目を生むことになる。この反目が、西暦37年のアレクサンドリアでの暴動に繋がり、ユダヤ人のシナゴーグに群集が詰めかけ、略奪し、ローマがそれを黙認したためその後虐殺も起こるようになる。キリスト教徒の理屈は
「神の子・イエスを殺したのだから」
という、愛国無罪的な考えである。その理屈の裏付けは、ヨハネの手紙の反キリストやヨハネの黙示録の最後の審判などによるもののようだ。
 それらの思想は根強く、やがて人種差別となり1942年頃からのホロコーストを引き起こすに到る。

 もちろん、虐殺は非人道的で許されるものではない。

 しかしながら、キリスト教の本質はイエス・キリストの説く愛の精神である。
 ホロコーストや十字軍遠征などの歴史的事件や、反キリスト、ヨハネの黙示録といった一側面だけを挙げて聖書の改変や教義解釈の変更を迫ることはできない。黙示文学の流れを汲む美術品や建築の破壊を求めることはできない。そんなことをすれば大問題であるし、そもそもキリスト教徒にとってそんなことが受け入れられるはずが無い。

 日本人だけの民族宗教とはいえ、神道もおよそ1300年程度の歴史と伝統を持つ宗教である。今更神道を理解しない者が口出ししたからといって、同様に受け入れられるはずが無い。
 崇め奉る対象ではないものを神社に祀るという神道特有の思想に対して、外国人や異教徒に理解を求めるということは、非常に困難なことであろう。
 ユダヤ人にとってシナゴーグは教義上必要不可欠であるが、当時の社会情勢を考えると秘密結社、政治結社の類であるとか、ローマへの謀反を疑われても仕方が無かった。
 靖国参拝を軍国主義と見なされるのはこれと同じであろう。

 教義的には保守派であったらしいローマ・カトリック教皇の故ヨハネ・パウロ2世の功績の一つに、プロテスタントや東方正教会との和解がある。教義解釈の衝突はさておき、将来に渡って争わないための和解であると思う。

 靖国問題に関しても、宗教問題と政治問題の間に早く線引きをしなければならない。でなければ、いつまでも解決に向けて進展しないだろう。
 靖国神社や神道が、1000年後2000年後も争いの火種を内包する宗教となることのないように、1日も早い解決を望む。
[PR]
by die-Abdiel | 2005-10-25 22:26 | ニュース

英豪、サマワ撤退を打診

 自衛隊と同じくサマワで活動するイギリス軍とオーストラリア軍が、サマワ撤退を打診しているそうだ。
 一方、イラク外相やアメリカ政府は駐留継続を求めているようだ。

 私自身は、イラク政府が正式に発足したならば撤退した方が良いと思う。
 テロに屈した形にならず、国際的な反発を受けない形で、きちんと国際貢献したという名目を保てるだろうから。折角引き際を与えて貰っているんだから、素直に従って適度な所で収まっておけば良い。
 今回の場合は、アメリカよりも、同じサマワに駐留するイギリス・オーストラリアの方が重要な隣人になると思う。第一、日本がアメリカの尻拭いをする必要は無いじゃないか。
[PR]
by die-Abdiel | 2005-09-15 23:26 | ニュース

全国統一オタク検定試験

 21世紀を担う※【オタクエリート】の育成と【オタク】文化の発展を目的として考案された検定試験。主催は株式会社ビブロスの発行する「マガジン・エルフィックス」であり、当然文部科学省認定の検定試験ではない。

 試験の出題範囲は

  1. オタク、アニメ文化に関する設問

  2. ゲームに関する設問

  3. 秋葉原に関する設問

  4. 数理に関する設問

  5. 株式に関する設問

だそうだ。
 OTAKWebサイトの検定試験例題を見てみたが、分かるような分からないような…
 概ね分かってオタクと認定されるのも何だかイヤだけれど、解けないのもそれはそれで悔しいような気もする。
 それはそれとして、こういうバカなことに一生懸命になるのは楽しくて好きだ。

 余談になるけれど、どうやら政府で、日本文化の海外への普及に日本製アニメ等を役立てようという動きがあるらしい。韓流ブームに気を良くした韓国が韓国ドラマで自国をアピールしようとしているのを真似しようと考えているだけなら別に一過性のものでも構わないと思う。しかし、本気で日本文化普及の一端を担わせるつもりなら、将来的にアニメ業界も日本の伝統産業の仲間入りさせることも視野に入れて推し進めていったほうが良いと思う。

※オタクエリート

 OTAKWebサイトによると、「清く正しく美しい【オタク】知識を身に付けた人物」と定義されている。


全国統一オタク検定試験 OTAK
c0044075_131578.gif
[PR]
by die-Abdiel | 2005-08-02 23:16 | ニュース

「石垣カフェ」が開店半年

石垣カフェが開店半年京都大・百万遍交差点脇
 百万遍交差点脇(京都市左京区)の京都大の石垣に学生らが作った通称「石垣カフェ」が22日で開店半年。観光客も増え、来客数は延べ3000人に迫るという。(京都新聞電子版より引用)

 京都大学の百万遍角に通路を建設する計画に反対する学生達が石垣上にカフェを開店してから、はや半年が経ったようだ。
 この「石垣★カフェ」とは、通路の建設により石垣が撤去され、立て看板を設置するスペースが無くなるのではないかと危惧した学生達が反対運動の一環として始めたものである。要するに座り込みである。京都大学Webサイトに掲載されている完成イメージ図を見ると、立て看板設置スペース自体は確保されるようだ。
 それならば、立て看板設置スペースが無くなる事を理由に石垣撤去反対運動をするのは、単に何にでも反対したい人であるか、学生のわがままなのではないかという気がする。
 「石垣撤去賛成」と書かれた立て看板も以前見たことがある。反対しているのは実はあそこに立て看板のスペースを確保している団体だけで、実はあの場所に関係無い人たちの中にはあのスペースを独占する団体に対して「ざまぁみろ」と思っている人もいるのかもしれない。(石垣★カフェWebサイトによると、反対運動の学生は19のサークルと5つの自治会が集まっているそうだ)

 また、柳田先生はご自身のブログの記事で、工事に伴い石垣の内側の木々を多数切り倒さなければならないことから工事反対の旨を書かれている。確かに、現状の百万遍角の写真を見ると、木を切り倒せば古い校舎が露出してしまい、工事と同時に校舎を塗り替えでもしない限り大学の示す完成イメージ図のようにはいかないことが分かる。あの壁の内側が実際にどういう状況なのかはよく知らないが、大きく育った木を伐らねばならないというのは勿体無い話だと思う。

 私自身、あの辺りで
「○○へはどう行ったら良いですか」
という質問を大学の来賓らしき人に聞かれたことがあるので、あそこに入り口ができればアクセスが向上し、十分メリットはあると思う。
 また、大学は建設計画の理由の一つとして「安全衛生」を挙げているが、通路が建設されることによって構内及び周辺の安全性が向上するならば、歓迎されるべき事柄だと思う。あの辺りは自転車の通行が多く、車道を逆走してくる自転車もあり度々すれ違う。あれは本当に怖い。
 環境・景観の観点から考えると確かに好ましくない計画なのかもしれないが、やはり大学側としては学生の安全を最優先として考えるべきであろう。

 また「石垣★カフェ」についてだが、あの1杯50円のコーヒーを出すにあたって保健所に届け出ているのだろうか。
 あそこで使われている水や電気は大学から引いてきたものだと聞いたが、それは横領か何かにならないだろうか。コーヒーの収入で自分達が使用した分を実費で大学側に収めているのなら大したものだと思うけれども。
 あの石垣の裏側に小屋を建てて、長屋として勝手に分譲し始めたという話もあった。
 私自身見かけたことがあるのは「石垣★カフェ」から歩道の方へロープを張って滑車で遊んでいるというもの。明らかに歩行者妨害である。あろうことか、彼らはこの写真を堂々とWebサイトの壁紙に使用している。

 大学からの通達というものは、往々にしておざなりであったり分かりにくかったりするものだと思う。反対運動をする学生らがこれに対して怒りを覚えるのは尤もである。 座り込みや署名活動といった反対運動は構わない。しかし、違法行為・迷惑行為は断じて許されない。
 学生が自分の在籍する学校に対して意見するのは当然であるし、学校側はそれら意見に基づいて運営していかなければならないと思う。あの場所で半年間、24時間櫓に居座り続ける彼らの行動力には感服するが、自分達の利害だけで行動するのではなく、総合的に見たメリット・デメリットについても考えて欲しいものだ。


京都新聞電子版
http://www.kyoto-np.co.jp/
関連記事
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005072100049&genre=G1&area=K1D

石垣★カフェ
http://ishigakicafe.hp.infoseek.co.jp/

京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/index.htm
関連ページ
http://www.kyoto-u.ac.jp/notice/05_notice/ippan/050216_2.htm

柳田充弘の休憩時間
http://mitsuhiro.exblog.jp/
関連記事
http://mitsuhiro.exblog.jp/1112938
[PR]
by die-Abdiel | 2005-07-21 20:16 | ニュース

日々の徒然を書き綴ったり書き綴らなかったり。


by die-Abdiel

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
日記
ゲーム
Ragnarok Online
マビノギ
しまにてぃ
BlogPet
コレピク
TRPG・ボードゲーム・ARG
ニュース
手芸・和裁・洋裁
アート
映画
食べ物
旅行・観光
舞台
本・書評
バトン
人形
Web拍手レス
ファッション
コンピュータ
未分類

タグ

(24)
(23)
(22)
(15)
(13)
(7)
(6)
(6)
(4)
(2)

以前の記事

2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

ルーンファクトリー 2≪..
from 任天堂で遊びましょ
リサ ガスパールまとめさいと
from リサ ガスパール情報館
ポールスミス腕時計愛用者..
from ポールスミス腕時計愛用者のお..
セオリー
from セオリー
セオリー
from セオリー

Abdielの最近読んだ本

Abdielの最近やったゲーム

コミックダッシュ! Abdiel の所有コミック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
ゲーム

画像一覧