<   2006年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

続・ウィルスメール

 職場のメールボックスを見ると、土、日の間ウィルスメールは来ていなかった。
 が、今日また同じくNetsky付きのメールが来ていた。

 私の家のPCはこの前調べてNetskyには感染していなかったから私が犯人ではないと思うんだけど。それに私は土日もPCを立ち上げたので、もし私が犯人なら同様に土、日もウィルスメールが届きそうなものだと思う。
 私ではないとは思うものの、洩れていた部分がある以上、絶対に私ではないと言い切れないところがちょっと辛いな。

 一体どこのPCが感染しているのだろう。

 帰宅後、再度家のPCをフルスキャンしてみた。やはりNetskyには感染していない。
 でもあまり安心もしていられないな。
 気を引き締めて、アップデートとかウィルススキャンとかきちんと気をつけて定期的にやらなければ。

 話は変わるが、先日TVチューナー付きのキャプチャボードを購入した。
 アンテナ線を繋いでもずっと砂嵐だ。音だけ聞いてラジオ代わりに使えと言うのか。どこが悪いのかいまいちよく分からないのだが、何とかならないものだろうか。
 別にPCでTVを見なければならないわけではないので、TVが映らないことぐらい問題無いと言えば問題無いのだが、使えないのは何だか癪だ。
[PR]
by die-Abdiel | 2006-01-30 23:53 | 日記

恋愛頭脳

 mixiのリンクを辿って見つけた。何となく真似してやってみることに。

 恋愛観分析結果は下記の通り。
c0044075_2114097.gif

総合判断「極端」
恋愛観レベル「恥」(14段階中12番目)

人生における恋愛:可
社会における恋愛:極端
自己犠牲の精神:極端
ルックス:論外
財力:極端
安定と刺激:変
駆け引き:極端
許容と束縛:論外
将来への意識:極端

★全世代から見たAbdielさんの…
【恋愛観支持率】 11%
【恋愛スタイル】 中期低テンション恋愛型
【印象】 頼り甲斐があると思われています
     ちょっと騙されやすいお馬鹿さんなのかな、となめられています
     どことなくギラついてて怖いイメージがあります
     価値観が子供っぽいという印象があります

■総合コメント
 Abdielさんの恋愛観は、まず一般のそれではありません。付き合った経験も、ドラマも漫画も何もかも参考にせず、まるで地図も磁石も持たずに砂漠を歩くような無謀な恋愛観を保っています。ひとりで砂漠を歩くうちは無害ですが、そこにパートナーができれば、進む方角を巡って衝突し、いずれ別々の方角へ歩いていくことは目に見えています。この偏った恋愛観を個性だと理解してくれる、器の大きなパートナーが見つかることを切に願います。

■ジャンル別コメント
人生における恋愛
 最近すこし色恋沙汰から遠ざかっていませんか?面倒くさいのかモテないのか仕事が忙しいのかは判断できませんが、中高生のような「青臭さ」をほとんどAbdielさんから感じられないのは残念なことです。少し感覚が老けていると言えます
社会における恋愛
 Abdielさんは、恋愛より社会を優先します。恋愛について非常にリアルに捉え、ロマンチックなどという言葉とは掛け離れ、他人事のように自らの付き合いを眺めます。彼氏彼女にしてみれば、本当に自分のこと好きなのだろうかと不安になることが多いことでしょう
自己犠牲の精神
 Abdielさんは騙すより騙されるほうがマシ、という姿勢で何もかも捧げてしまいがち。それが美徳となるのは、同様に何もかも捧げてくれるパートナーがいてこそ。Abdielさんの極端に尽くす姿勢は、地に足がついていないため危険です
ルックス
 あまりに極端な面食いです。または彼氏彼女のファッションに物凄いこだわりがあるのかもしれません。これは彼氏彼女となりうる人の範囲を狭めるだけでなく、付き合ってからの「がっかり」の危険性を増大させます。まるで毎日カレーしか食べない人のように、明日はよくても長期的にはあちこち支障をきたしてくると思われます
財力
 財力重視の傾向が強すぎます。これは格好悪いだけでなく、人間性への着目をおろそかにしたり、自分を磨くことを忘れてしまいます。また真っ直ぐに気持ちを通わせることができなくなる恐れもあります。財力はあればあるほど良いにせよ、またなければないで余計なトラブルが発生するにせよ、まず気持ちありきでいきたいものです
安定と刺激
 かなり安定志向に寄っています。もう若くないのですか?まるで地蔵です。皆が理想としているのはもっと刺激の多い生活のようです。Abdielさんが冒険を好まないのならこのままでいいのですが、Abdielさんのパートナーが多少冒険志向であったりすれば手を焼くことになりそうです
駆け引き
 駆け引き軽視にかなり偏っています。心を開いて相手に接し、わりと信じやすいタイプのようです。恋愛テクニックとは無縁の付き合い方で、好感を抱く人も多いでしょう。ただいつも無策で当たって砕けろという姿勢ではいつか本当に砕けてしまいそうです
許容と束縛
 Abdielさんは、付き合った相手を束縛するようなことは好まないようです。相手に不自由な思いをさせたくないのか、相手に興味がないのか、自分が自由でいたいからなのかはわかりませんが、付き合っていることの「当然」が当然でなくなるリスクを負っていることを感じるべきでしょう
将来への意識
Abdielさんは極端に場当たり的な感覚で付き合います。相手が友達の恋人でも無職でも既婚でも借金大王でも好きになってしまえば関係なし。先のことなんて考えません。それで幸せになれるのなら最高ですが、やはり多くの場合は大きな怪我を負うことになるのでしょう
・判断基準 全世代
・判断基準となるデータ人数 2273385人

 これを「18歳以上30歳未満の女性」にしてみると少し結果が変わる。
c0044075_34796.gif

総合判断「極端」
恋愛観レベル「屈折」(14段階中10番目)

■総合コメント
 Abdielさんの恋愛観は、ほぼ壊れています。これは個性の範囲を大きく外れています。Abdielさんの考え方は多くの人と食い違い、衝突を生みます。彼氏彼女がいるならば、トラブルの種はほとんどAbdielさんの中にあると言えるでしょう。また、これほどに恋愛観が一般像とかけ離れていると、多くの場合、目指すべき理想のカップル像、将来像に共通のものを描けないはずです。まず聞く耳を持ちましょう。

 地蔵とまで言われるほど恋愛に重きを置いていない辺り、やはり自分のドライさが出たかなと思う。
 しかし、よくよく見るとルックスや財力はとことん重視しているような結果が出ている。

 つまりこれはあれか。
 ルックスも良く財力もあるような人が何の駆け引きもせずそばにいてくれるのが当たり前、と、そう思っているということなのか。
 それはそれで夢見がちだな。

恋愛頭脳
http://hanihoh.com/love/
[PR]
by die-Abdiel | 2006-01-29 00:51 | 日記

没後50年 モーリス・ユトリロ展

 アルコール中毒の治療の一環として絵を描き始め、次第に画家として注目されるようになったユトリロ。1910年頃から彼の人生の中でも評価の高い「白の時代」と呼ばれる絵が描かれる。ユトリロの母シュザンヌと結婚したユッテルが彼のマネージャーになると、商業的な絵を描くようになる。「色彩の時代」である。晩年には「白の時代」の複製画を描くように求められるようになる。

 「白の時代」の作品には、卵の殻などを砕いて絵の具に混ぜて絵を描いていたそうだ。それほどまで漆喰にこだわるとは、一体どのような心情だったのだろうか。
 一方「色彩の時代」の絵は、部屋に飾っておこうと思わせるようなものが多い。柔らかな色調の空に、ふんわりとした温かみを感じるもの。赤や緑といった色で画面を引き締めた鮮烈なものなど。
 いずれも建物をメインにした風景画が多いのだが、いずれも線の引き方に癖があると思った。神経質な歪みがあるというか、ともかく「真っ直ぐ」じゃないのだ。デッサンができていなくて線が引けていないという意味じゃなくて。やはりそこは強いアルコール中毒で精神病院へ入退院を繰り返していたことと関わりがあるのだろうか。

 一緒に観に行った母も言っていたが、このユトリロという画家は非常に気の毒な人だ。
 「1日に1度酩酊し、1点の傑作を描いた」
と言われながらも、窓に鉄格子の入った部屋に押し込められ、機械のように絵を描かされ続けるのだ。ユッテルだけでなく、晩年に結婚した妻リュシーも同様にユトリロのマネージャーとなって絵を描かせ、彼の飲む赤ワインは水で薄めて与えた。
 ユトリロは酒代欲しさに絵を描き続けていたと言うが、もしかしたらそれは、孤独からの逃避の為に酒に浸っていたのかもしれない。

 「サン=ヴァンサン通りと藁葺き屋根の家」というタイトルの絵が気に入った。
 絵葉書が売っていないかと思って売店を覗いてみたが、売っていなかった。個人蔵の絵だそうだから、その辺も関係しているのだろうか。
 仕方無いので図録を買った。

高島屋グランドホール
没後50年 モーリス・ユトリロ展
開催期間:2006年1月7日(土)~1月29日(日)
観覧料:一般800円(600円)、大学・高校生600円(400円)、中学生以下無料
[PR]
by die-Abdiel | 2006-01-28 23:47 | アート

ウィルスメール

 ここのところ、職場のメールアドレスにウィルスの添付されたメールがよく届く。それも外部には知られていないはずのメーリングリスト宛に届く。
 確かW32.Netsky.P@mm!encというやつだ。Nortonが受信する時に検出して削除してくれるから被害には遭っていないんだけれど、やはり鬱陶しい。

 Aさんが発信元を調べて下さった。
 うちのプロバイダと同じ所だった。

 そういえば最近フルスキャンとかしていなかった。
 ひょっとしたら、私の家のPCが感染しているのかも…

 「仕事場のメールを家に転送して読んだりしているか?」
と聞かれたが、覚えが無いので否定した。
 が、その後、飲み会のメールを大分前に転送したことがあったのを思い出した。しかしウィルスメールが届くメーリングリスト宛に来たものを転送したのではないので、どちらにせよ家のPCから職場のメーリングリスト宛にメールが届くというのは考えにくい。

 でもひょっとしたら、と思って、帰宅後フルスキャンしてみた。
 Norton先生は脅威を検出した。

 Trojan.Myftuというやつだった。どうやら架空請求をしてくるやつのようだ。
 ちゃんとやっているつもりでちゃんとできていなかったらしい。

 私とメールのやり取りをしたことのある人は、ひょっとしたらご迷惑をおかけしたかもしれません。
 申し訳ありません。
[PR]
by die-Abdiel | 2006-01-27 21:58 | 日記

バカ日本地図

 より多くのバカにとって真実味があり、共感できる日本地図を作る、という趣旨で始められたWebサイト(ブログ)の企画が書籍化されたもの。
  • 「佐賀はどこにあるかわからない」というコメントにより、佐賀は長崎に吸収されました。
  • 「鹿児島は島だったはず」「鹿児島は桜島が正式名称」というコメントにより、鹿児島県は桜島に改名され、本土から分離して島になりました。
  • 「名古屋は県名だと思っていた」というコメントにより、愛知県は名古屋県に改名されました。
  • 「佐賀ははなわの歌で知っている」という人が多かったので、対馬の位置に復活しました。
  • 四国(現高知県)を外国と考えている人がいたので、「高知はCOACH」になりました。
  • 「鳥取」は「取鳥」だと思っていた人が多数いたため、鳥取砂丘は取鳥砂丘になりました。
  • 「新幹線での移動時、静岡から名古屋まで時間がかかりすぎてヘンだ」というコメントにより、間に「未開拓地」が出現して納得できるようになりました。
  • 「軽井沢はどこにあるかわからないし、軽そうなので浮いている気がする」というコメントにより、軽井沢は浮遊都市になりました。
  • 「新潟の字は難しすぎる」というコメントにより「新潟」は「にいがた」になりました。
  • 新潟の「潟」は読み書きできないが、「新」は読み書きできる、ということで「にいがた」は「新がた」になりました。
  • 「会津は白虎隊で有名」というコメントにより、会津藩が登場。仙台県と領土の検討を行います。
  • 佐賀は消滅したものの、「佐賀はどこにあるかはまったく見当がつかないが、どこかにはあるはず」という意見が多かったため、佐賀はとりあえず海底都市になりました。
  • 佐賀は英語表記だった気がする」というコメントにより、SAGAに改名されました。
  • 「夏の間、軽井沢はもっと涼しい北の方にあるような気がする」というコメントにより、軽井沢は北に移動しました。
  • 京都に法隆寺が建ちました。
 こんな感じで、日本地図がどんどん塗り替えられていく。地図が変化していく様子を眺めているのは純粋に面白い。
 共感できるかどうかはその人次第だと思うが、私は好きだ。
 良いねぇ、浮遊都市軽井沢。こんな所に別荘を持ってみたいよ。

バカ日本地図 全国のバカが考えた脳内列島MAP
一刀 著
技術評論社

借力
http://www.chakuriki.net/
[PR]
by die-Abdiel | 2006-01-26 22:31 | 本・書評

ホリエモンと学力低下

 昼食時にホリエモンの話題が出た。
 「前にライブドアはCDからMP3に変換するサービスをやっていたんだけど、何の断りも無く停止しちゃったんだよね。その頃から、ああ、この会社はきちんと説明しない会社だな、と思っていた」
というようなことをAさんが言っていた。「livedoor エンコーダー」というサービスのことのようだ。
 ライブドアと言えば「無料プロバイダ」という印象しか持っていなかったので、ライブドア本体の事業内容そのものにはあまり関心を持っていなかった。詳しい人はその時々にチェックしているものなのだな。
 今のライブドアは有限会社オン・ザ・エッヂが前身だそうで、無料プロバイダを運営していた元々のライブドアとは別物だそうだ。知らなかったな。

 関係無い話になるのだが、秘書さんの友人にライブドアで働いている人がいるのだそうだ。なんでも堀江氏と一緒に宇宙船を視察しに行った人で、その報道の時にTVに映ったのだとか。
 人の繋がりって侮れないな。

 Mさんと学力低下について話した。彼は、私の職場に1年間研修しに来ている現役の高校教師の方なのだ。

 何が話のきっかけだったかは忘れてしまったけれど、確か私が
「教師の質が低下していると言いますけど、実際は教師の質はさして低下していないんじゃないか」
みたいなことを言ったんじゃなかっただろうか。
 それに対して、
「授業そのものよりも、教師が授業以外の部分に力を割かざるを得ないのが原因じゃないか」
と仰った。
「総合学習などの為に、専門外のことにも手を出さないといけないからか」
と尋ねてみたが、それは違ったようだ。総合学習はきちんと専門の人がやるそうだ。
 総合学習の為にやるべき科目のコマ数が減ってしまっているのは事実だそうだ。昔のように土曜日にも授業があるのならさほど痛手でもないかなという感じだそうで。

 むしろ痛手なのは、教育委員会に提出する報告書の作成なのだそうだ。
 これを授業を行う毎に1つ書かないといけないのだそうだ。つまり、受け持っている授業の数だけレポートを書かないといけないということだ。確かにそれは無茶だ。
 報告書がいい加減だと、当然授業もいい加減だったと見なされてしまうのだろう。だから、授業内容の準備そのものよりも報告書作成にウェイトを置かざるを得ない、というところか。

 こういう構造になってしまったのは、上が現場の状況を把握せずに方針を決定し、それに従わないといけないからのようだ。

 Mさんの同僚に、1年間教育委員会の方へ出向していた人がいるそうだ。その人は
「教育委員会での仕事なんか辞めたい。どんなに悪い生徒がいても、現場に立ちたい」
と言っていたそうだ。
 教育委員会での仕事が不毛だからだそうだ。
 彼らは会議を重ね、資料作成をして仕事をした気になっているだけだ。現場がどういう状態なのか知ろうともしない。そう感じたそうだ。
 確かに、教育学者の本を読んで資料を作成して討論すれば前に進んだ気になってしまうだろうな。

 やはりある程度現場の人間が実際の経験に基づいて上に意見を述べるとか、状況に合わせて教鞭を振るえるような裁量を持たせる必要があるのだろう。口先だけで「現場の人間に裁量を持たせる」と言うのではなく、実践に移せるような形で。

 高校教育までの間で、私立が公立よりも優位に立ちやすい理由も少し理解できたと思う。
 また、プレゼン予定だった隣の部屋のYさんとも「板書」か「PowerPoint等のスライド」か、という話ができた。彼女と同じ部屋にも教育関係のことをやっている人がいるのだそうだ。

 当事者の生の声というのは、やはり貴重なものだと思う。
 私はついつい本や何かを読んだだけで満足してしまい、自分の頭の中だけで思考を組み立ててしまいがちだから。
[PR]
by die-Abdiel | 2006-01-25 23:27 | 日記

上映禁止:中国で「SAYURI」 反日感情悪化を懸念

 23日付の香港紙「東方日報」などは、来月10日に中国本土で予定されていたハリウッド映画「SAYURI」(ロブ・マーシャル監督)の初上映が中止されたと報じた。中国人女優の章子怡(チャン・ツィイー)さんがヒロインの芸者役を演じていることから、中国人に旧日本軍の従軍慰安婦問題を思い起こさせ、反日感情の悪化につながることが懸念されるためと同紙は伝えている。(MSN毎日インタラクティブより)
 デリケートな問題だと思うなら、そもそもチャン・ツィイーが出演拒否でもしていれば良かったのだろうか。国際的に活躍しようという女優の活動を自国が認めないというのも何だか変な話だ。

 そもそもこれは、日本映画ではなくハリウッド映画だ。ドキュメンタリー映画ではなく娯楽映画だ。
 日本人なら、この映画で描かれているのは「芸者」ではなく「ゲイシャ」だということは一目瞭然だろう。もっぱら海外では「芸者」はこのように受け止められ、その方が受けるからだと思うのだけれども。

 何にせよ、娯楽映画として作られているものを笑って観れないというのは不幸なことだな。

 一方、中国の領土内でも、台湾では「SAYURI」(台湾版タイトルは"藝伎回憶録")はヒットしているようだ。
 一方、16日から『SAYURI』が上映となった台湾では、台北市における最初の週末の興行収入は1100万台湾ドル、台湾全体では2200万台湾ドルにのぼるなど、好調な滑り出しをみせている。

 インターネット上では、主人公「さゆり」の幼少時代を演じた大後寿々花の人気がブレイク。「可愛い」「演技が素晴らしい」などとと彼女を絶賛する書き込みが集中しているという。(中国情報局より)
 どうやら、台湾では「京都で芸者体験ツアー」みたいなのも組まれているそうだ。「一見さんお断り」とか言われないのだろうか。昔はどんなに現金を積まれても上げないのが当たり前だったのに。京都の花街も変わったもんだな。

MSN毎日インタラクティブ
http://www.mainichi-msn.co.jp/
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060124k0000m040037000c.html

中国情報局
http://news.searchina.ne.jp/
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0124&f=entertainment_0124_002.shtml
[PR]
by die-Abdiel | 2006-01-24 23:00 | ニュース

勝手にサブタイトル!!

 mixiのリンクを辿って見つけた。面白そうなので自分もやってみることに。
 これは男の子向けの方。
第1話 宿敵! 決闘のAbdielドリル
第1話でもう宿敵がいる。しかも武器はドリル。渋いですな。
第2話 伝説のAbdiel 宿敵の再会
宿敵と再会。ていうか、単に2話連続で出てきただけでは…
第3話 麗しのAbdiel 激戦の課長
なんとAbdielは企業戦士だった。
第4話 出来るか?Abdiel! 体育館裏の宇宙剣豪
体育館裏に呼び出されて宇宙剣術を挑まれる。そんなんできるか!
第5話 よみがえれ! 意外なるプロフェッサーAbdiel
研究に欠かせない人物、プロフェッサーAbdiel。意外性だけが取り柄。
第6話 弟よ! 熱風のニセAbdiel
突如として現れた、Abdielと瓜二つの敵。その正体は…
第7話 さらばAbdiel! 宿敵のミサイル
なんと第7話でドロップアウト。
第8話 悲しみのAbdiel 関東平野の女帝
それは微妙な権力者の悲哀。
第9話 俺で変われ! Abdielの極道
義兄弟の契りを交わすのだろう。
第10話 元祖Abdiel 女子トイレの暗黒騎士
Abdielの歴史はここから始まる。
第11話 どこだAbdiel! 誕生の戦慄
Abdielが復活するも、行方知れずに。敵に見つかる前に探し出せ!
第12話 ダッシュだ! 萌え萌えのプロフェッサーAbdiel
プロフェッサーAbdiel、決戦を前に、限定品を求めてイベント会場へ。
第13話 謎のAbdiel 復活の闇黒大将軍
第11話で行方不明だったAbdielが…
第14話 勝負! 逆襲のAbdielアタック
珍しくまともなサブタイトル。
第15話 男Abdiel 廃墟の総統
別名ホームレス。
第16話 惚れろAbdiel! 血に染まるプラズマ
惚れろって言われてもね。
第17話 逃げろAbdiel! 萌え萌えの外宇宙
プロフェッサーAbdielの築き上げた理想郷が崩れてきて…
第18話 疾風のAbdiel 裏切りの栄光
潜入作戦に成功。
第19話 眠れ! 復活のブラックAbdiel
眠るのか復活するのかどっちなんだ。
第20話 復活! 猛攻のブラックAbdiel
結局ブラックAbdielは復活したようだ。
第21話 裏切りのAbdiel 暴走の侵略者
第18話で栄光を手にしたAbdielが調子に乗り出す。
第22話 蘇れAbdiel! 勝負の崩壊
蘇ったは良いが、勝負に水を差してしまう。
第23話 虚空のAbdiel 意外なる誘惑
さあ、あなたもこっちへいらっしゃい。
第24話 まさか! 傷だらけのプロフェッサーAbdiel
第17話で崩れたガレキの下からプロフェッサーAbdielが現れて…
第25話 母よ! 涙のブラックAbdiel
ハハキトク。スグカエレ。
第26話 よみがえれ! Abdielの悪業
真の悪役はAbdielだったことが発覚。
 たまに、すごい数字のものも出た。すごいロングランだ。
第562話 目覚めよ! 悲しみのミスターAbdiel
ここまで来るのに何度敗れては復活したのだろう。
第752話 迫撃! Abdielの最期
今度こそ最終回なんだろうな、って感じ?
 女の子向けをやってみたら、なんだかイヤな結果が出た。
『全開少女Abdiel』第7話
 はじめまして わたしAbdiel 全開少女神秘の誕生!
それは本当に女の子向けなのか、激しく疑問だ。
勝手にサブタイトル!!
http://www.jah.ne.jp/~hide-ab/index.html
[PR]
by die-Abdiel | 2006-01-23 23:16 | 日記

ハンドルネーム占い

 mixiのお気に入りに追加している方がハンドルネーム占いをされていたので、真似してやってみることに。

 結果は下記の通り。
!貴方のハンドルネームの運勢は!
「小吉」
中途半端に良いです!
更に運気を高めるなら改名をしましょう。

Abdiel
恋愛運:A 健康運:A 成功運:B 金運:C
( 大吉 > 中吉 > 小吉 > 吉 > 末吉 > 凶 > 大凶 )

>> 役にたたない改名案 <<
(その?毎に各5パターン用意してあります。11x5)
その1. モーニング娘。の様に”。”を付けると。
Abdiel。
恋愛運:B 健康運:A 成功運:A 金運:B
中吉
その2. ちょっと洒落た洋風に。
ムッシュAbdiel
恋愛運:A 健康運:A 成功運:A 金運:A
大吉
その3. 軍人系で呼んでみましょう。
Abdiel将軍
恋愛運:B 健康運:B 成功運:A 金運:A
中吉
その4. 番号付けで呼んでみると…。
Abdiel2号
恋愛運:A 健康運:A 成功運:C 金運:B
小吉
その5. 崇高?な名前を付けてみましょう。
聖者Abdiel
恋愛運:B 健康運:A 成功運:C 金運:C
末吉
その6. なにか凄そうな名前を付けると…
スーパーAbdiel
恋愛運:C 健康運:B 成功運:C 金運:A
末吉
その7. 親しみやすい呼び方を付けてみよう。
みんなのAbdiel
恋愛運:C 健康運:C 成功運:B 金運:B
その8. ちょっとディスカウントショップ風に。
Abdiel値引き中
恋愛運:C 健康運:B 成功運:B 金運:C
その9. ちょと古風に…
Abdiel麻呂
恋愛運:C 健康運:B 成功運:A 金運:C
末吉
その10. ”つのだ★ひろ”みたいに…
Abdiel★とし
恋愛運:C 健康運:A 成功運:B 金運:B
その11. 思い切って、フェイスマークなんかどう?
Abdielm(_ _)m
恋愛運:A 健康運:A 成功運:B 金運:A
大吉
 「Abdielm(_ _)m」よりは「ムッシュAbdiel」の方が良いかなぁ。前者だと、ハンドルと顔文字の境目が分かりにくいし。
 親しみやすい呼び方が「凶」なのはちょっとショックかも。

ハンドルネーム占い
http://hname.net/
[PR]
by die-Abdiel | 2006-01-22 20:14 | 日記

橿原神宮

 風邪をひかなければもうちょっと早くに行く予定だった初詣に行ってきた。

 橿原神宮の鳥居をくぐり、橋のある辺りで2人組のおばさんに声をかけられた。
「マッサージの勉強をしているので、少しマッサージさせてもらえませんか」
なんだか怪しかったので断った。
 どういう素性の人達かは不明。何かの宗教だろうか。あなたの幸せを祈らせて下さい、みたいな。

c0044075_0592865.jpg 南神門の所。
 ちゃんと皇紀で年を数えている。さすがは神武天皇を祀っているだけある。

c0044075_1132158.jpg 南神門の前に三毛猫がいた。
 そっと近づいてシャッターを切ってみる。
c0044075_1181343.jpg 気付かれたか!?
 でももう少し近寄らせてくれ。
c0044075_1272081.jpg 限界まで近づいた所でしゃがみ込む。
 するとシャッターを押す瞬間、猫が立ち上がってこちらへ向かってくるではないか。そしてそのまま、しゃがんだ私の膝の上に飛び乗ってきた。

 なんと人懐こい猫だ。

 猫はそのまま私の膝の上で伏せてみたり、座り直したりを繰り返した。
 私の前に連れがしゃがみ込むと、私の膝を降りて連れのジャケットの中に潜り込もうとした。
 座り心地が悪かったのか、猫はまた私の膝に戻ってきた。そしてそのまま膝の上で丸くなってしまった。

 砂利の上では冷えるのだろう。どうやら暖かい場所を探していたようだ。

 膝の上に抱いている間、背中や頭を撫でたり、耳を触ってピクピクさせたり、肉球を触ってみたりして遊んだ。どれだけ触っても、ちっとも怒らなかった。やはり相当人に慣れているようだ。
 連れは、猫が私の膝の上でおとなしくしているのを良いことに、沢山写真を撮っていた。私にも写真分けて欲しい。

c0044075_1465552.jpg その後、本殿へ。
 皇室典範改正反対のチラシが貼ってあった。女性天皇と女系天皇の違いの説明、天皇家の系図などが書かれていた。折角なので、1部貰ってきた。
 改正するしないに関わらず、年齢の合う宮家の男性と結婚するということにはなりそうだと思う。「百済書紀」によると、留学先で韓国人男性と出会い、恋に落ちる運命が定まっているようだが。
 空が何だか神々しかった。

c0044075_155564.jpg 橿原神宮の北側、若桜友苑にも足を運んだ。
 第十三期海軍甲種飛行予科練習生「殉国の碑」、航空母艦「瑞鶴之碑」の2つの慰霊碑がある。第十三期海軍甲種飛行予科練習生の戦没者名簿の上には、やたら可愛らしい戦闘機の模型が飛んでいる。零式艦上戦闘機なのだろうか。櫻花ならもっと爆弾っぽい形をしていたような気がする。写真では切れているが、「瑞鶴之碑」の左手に瑞鶴のマストの複製品がある。
 これら慰霊碑を熱心に参拝しているおじいさんがいた。遺族の方なのだろうか。

 写真を撮った立ち位置のちょうど後辺りから桜が多数植えられている。今は時期的に葉1つつけていないが、春ともなれば一斉に花が咲き、散る様が見れて圧巻だろう。
 連れが
「ここで花見とかして良いのかな」
と、疑問を口にしていた。
 さすがに慰霊公園で花見とか酒盛りとかは駄目だろうという気がする。

橿原神宮
http://www.naranet.co.jp/kashiharajingu/index.html

百済書記を読もう
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/5314/
[PR]
by die-Abdiel | 2006-01-21 23:57 | 旅行・観光

日々の徒然を書き綴ったり書き綴らなかったり。


by die-Abdiel

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日記
ゲーム
Ragnarok Online
マビノギ
しまにてぃ
BlogPet
コレピク
TRPG・ボードゲーム・ARG
ニュース
手芸・和裁・洋裁
アート
映画
食べ物
旅行・観光
舞台
本・書評
バトン
人形
Web拍手レス
ファッション
コンピュータ
未分類

タグ

(24)
(23)
(22)
(15)
(13)
(7)
(6)
(6)
(4)
(2)

以前の記事

2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

ルーンファクトリー 2≪..
from 任天堂で遊びましょ
リサ ガスパールまとめさいと
from リサ ガスパール情報館
ポールスミス腕時計愛用者..
from ポールスミス腕時計愛用者のお..
セオリー
from セオリー
セオリー
from セオリー

Abdielの最近読んだ本

Abdielの最近やったゲーム

コミックダッシュ! Abdiel の所有コミック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
ゲーム

画像一覧