<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

読書メーター

 mixiのニュースを見ていたら、読書メーターなるものの紹介がされていた。
 何でも、読んだ本を登録すると、読書量をグラフにしてくれたり、ブログパーツにできたりするようだ。

 面白そうなので、早速登録してみた。

 作成したブログパーツもサイドバーに載せてみた。

 別にブログを持っていなくても、読んだ本の登録のみすることも可能な様子。
 読書が趣味の皆さん、これを機会に、本を登録して読友になりませんか?

読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
[PR]
by die-Abdiel | 2008-05-26 22:09 | 日記

大自然が生み出した地平線の間

 世界中の迷宮、B18Fへ到達。
 やたらだだっ広いマップでどう進もうか悩む。
 とりあえず、回復の泉で回復しつつ、マップの端まで行ってぐるっと外周を周る。部屋の広さが分かれば、概ね動きやすかろう。

 左下の部屋に固定のf.o.e.がいるようだったので、一旦戻ってかぼちゃーず初期メンバーに編成し直してくる。

 回復の泉で一旦回復してから、禍乱の姫君に挑む。
 どの属性が効くのか一通り試そうと思って、アルケミストのあややに一通り魔法を使わせた。けれど結局雷属性の魔法は使わずじまいだった。
 ということで、3ターン目で撃破できたのだろうか。
 何だかんだ言って、物理攻撃が一番効いていたような気がする。

 通常のランダムエンカウントでも、初期メンバーだと楽な感じがする。
 B18Fからモリビトが集団で出てくるけれど、おつうをパーティーから外してあややに全体魔法使わせるとやはり殲滅しやすいし。
 ( ・▽・)やおつうのレベル上げに付き合っているうちに、初期メンバーのレベルが上がりすぎてしまったかもしれない。

 ( ・▽・)もレベルが上がってきて大分使えるようになってきた。たまにまだ死ぬけど。
 もうちょっと2人のレベル上げをするか、それとも、このまま奥へ突っ込むか。
[PR]
by die-Abdiel | 2008-05-18 23:31 | ゲーム

Elliott Erwitt

 面白げな写真展がやっていたので、足を運んでみた。

 正直、写真の良し悪しなんて分からないのだけれど、ユニークな物あり、はっとする物ありで非常に味わい深い展示だったと思う。

 Metropolitan Museum of Art, New York City, USA 1949 は構図の妙だな、と思うし、Orleans, France 1952 やParis, France 1989 等は、飛んでいる一瞬というようなこういう瞬間を上手く捉えていて良いと思う。
 ドラマチックだなと思うのは、Robert Capa's Mother, Juria, Armonk, New York, USA 1954 やColorado, USA 1955 等。窓に残る弾痕の向こうから覗く少年の目には、何だか胸を衝かれる。ちょっと政治的なメッセージでもある。
 風景の写真では、Empire State Building, New York City, USA 1955 が綺麗。面白いのは、Punta del Este, Uruguay 1990。実際に見に行ってみたい。
 ユニークだと思ったのは、Museo Nacional del Prado, Madrid, Spain 1995。女性が一人、着衣のマハを見ているのに対し、裸のマハの前には男性が群がっている。面白いなぁ。

 キャプションのパネルの中の一文に
「仲間と居ながらにして独りでいることが人間観察である」
というものがあった。
 この感覚はとても理解できるし、共感する。

 「私の写真をもの悲しいと言う人もいるし、愉快だと思う人もいる。ユーモアと哀愁、同じことではないだろうか」

 どうやら会期が延長された模様。
 非常に楽しめる内容なので、この手の写真が好きな人は、是非。

何必館・京都現代美術館
内なる愛 Elliott Erwitt 展
開催期間:2008年4月18日(金)~2008年6月8日(日)
入館料:一般1,000円、学生800円
http://www.kahitsukan.or.jp/frame.html
[PR]
by die-Abdiel | 2008-05-18 23:03 | アート

バーベキューとか

 毎年職場の人達と行われているバーベキュー。

 今まで行っていた場所が、条例で禁止区域になってしまったらしく、別の場所でバーベキューすることに。

 ちょっと電車で移動しなければならないのが面倒だった。

 電車を降りると、そこはかとなく肉を焼く臭いが。先に準備してくれている人達が、焼き始めているようだった。
 お陰で場所はすぐ分かったけれど、川原に降りる場所はどこだ? と少しうろうろしてしまった。山の方なので、川原の上にも並木があって、木陰が涼かった。帽子を忘れてきたので、有難かった。以前の場所では、上に何もないせいで帽子や上着は必須だったから。

 母から借りた「夢をかなえるゾウ」を読んだ。
 よくある「成功の秘訣」みたいな本を小説仕立てにしたものだ。

 インドの神様・ガネーシャが主人公に自己改革を実践するための方法を説明し、課題を出す、というストーリー仕立て。読みやすく、面白い。ベストセラーらしいが、何となく頷ける。

 課題の内容は、割と色んな所で目にするようなありふれたもの。
  • 靴をみがく

  • コンビニでお釣りを募金する

  • 食事を腹八分目におさえる

  • 人が欲しがっている物を先取りする

  • 会った人を笑わせる

  • トイレ掃除をする

  • まっすぐ帰宅する

  • その日頑張れた自分をホメる

  • 一日何かをやめてみる

  • 決めたことを続けるための環境を作る

  • 毎朝、全身鏡を見て身なりを整える

  • 自分が一番得意なことを人に聞く

  • 自分が一番苦手なことを人に聞く

  • 夢を楽しく想像する

  • 運が良いと口に出して言う

  • ただでもらう

  • 明日の準備をする

  • 身近にいる一番大事な人を喜ばせる

  • 誰か一人の良いところを見つけてホメる

  • 人の長所を盗む

  • 求人情報誌を見る

  • お参りに行く

  • 人気店に入り、人気の理由を観察する

  • プレゼントをして驚かせる

  • やらずに後悔していることを今日から始める

  • サービスとして夢を語る

  • 人の成功をサポートする

  • 応募する

  • 毎日、感謝する

 人間、いかに三日坊主なのかが分かる気がする。
[PR]
by die-Abdiel | 2008-05-17 23:26 | 日記

流れる砂の上で進む道を求めた場所

 夜中に連れがいきなり笑い出した。寝ながら。
 どうやら変な夢を見たらしい。
 一体どんな夢だったのだろう。とても気になる。気になって少し寝不足になった。

 先週買い換えた原付が土曜日に納車されたので、これで通勤。
 シリウスブルーのトゥデイ。可愛らしくて良い。
 前の感覚でアクセルを回すと、ついついスピードを出しすぎてしまいがち。エンジン音も静かだ。
 慣れの問題だけれど、車体の大きさもちょっと違和感が。あと、指示器を出すボタンとか。
 曲がる時も、微妙に違和感が。どうやら曲がる方向に体を倒して曲がる癖が付いているみたいだ。無いようで、癖ってあるものなんだな。

 さて、本日の世界中の迷宮。

 B16Fを探索できるようになったので、一方通行の流砂に乗って、マップを埋めつつ道を行く。

 途中、ツスクルに出会い、呪いの鈴を貰う。
 これでカースメーカーが作成できるようになった。

 消耗してきた所で一旦町に戻る。

 一通り用事を済ませた後、件のカースメーカーを仲間にすべく、冒険者ギルドへ。

 ( 'ω')ノぃょぅ

 と、扉を開けて入ってきた少女。
 彼女が、カースメーカーのおつうだ。

 早速おつうを連れまわすべく、パーティを編成し直す。

 前衛はソードマンのバドウとブシドーの( ・▽・)。
 後衛はメディックのすなごし、カースメーカーのおつう、そしてレンジャーのNo.5。
 シャドウとあややがお留守番。

 B11Fの紫水晶の扉を抜け、レベル上げしつつ上階を目指す。
 最初、1回の戦闘で5レベルぐらい上がってちょっと笑った。
 後衛にいると死ににくいのが少しありがたい。( ・▽・)は前衛だから、低レベルの時は攻撃されたら即昇天だった。今でも食らうダメージ量は他に比べて多いけど。
[PR]
by die-Abdiel | 2008-05-12 22:47 | ゲーム

天空の海を泳ぐ主

 つつがなくB13F、B14Fのマッピングが終わったので、B15Fのボス部屋へ。

 前衛に、ソードマンの「バドウ」とパラディンの「シャドウ」。
 後衛に、メディックの「すなごし」とアルケミストの「あやや」、レンジャーの「No.5」。
 今回は、最初からレベルの高いかぼちゃーず初期メンバーで臨むことにした。( ・▽・)もレベルが上がってきたとはいえ、まだ10程レベルに開きがある。足手まといになってはいけないので、お留守番に。

 部屋の中ほどで、呼ばれて出てきたコロトラングル。変なヒラヒラのいっぱい付いたエイ。

 いつも通り、防御陣形&医術防御。ブレイバントを使った後、バドウのチェイスファイアとあややの火炎の術式。ファイアオイルを拾ったってことは、火が弱点属性なのかな、と思い、これも使うことに。バドウはあややをチェイスするので、これはNo.5に。
 そのうち火属性耐性を上げられたので、バドウはレイジングエッジ、あややは電撃の術式に攻撃を切り替えた。

 初戦で無事撃墜。
 特に死者を出すこともなく、危なげなく勝利できた。

 やはりかぼちゃーず初期メンバーで当たると、レベルが高いせいか、安定しているせいか、勝ちやすいような気がする。

 クリアレベルは、バドウ:41、シャドウ:43、すなごし:44、あやや:44、No.5:43ぐらい。
 ボス戦ですなごしとあややのレベルが上がった。
 
 B16Fに降りて、樹海磁軸を伝って、町へ帰還。

 一通りミッションの報告をしたり、宿で休んだりした後、B3Fへ。
 エドゥの財宝のクエストで、ゴーレムを倒しに。

 これも、防御陣形&医術防御、レイジングエッジに電撃の術式、サジタリウスの矢orパワーショットという感じで。シャドウは手の空いている時はシールドスマイトで攻撃。防御陣形&医術防御のレベルがそこそこ上がっているので、バックガードとかしなくてもすなごしのエリアキュアで十分リカバーできるようだったので。
 ただでさえゴーレムのHPが高いようでなかなか削れないのに、防御力や属性防御を上げてくる。終盤になると、リジェネレートで毎ターンHP回復してきたりも。
 それでも回復量を超えるダメージを毎ターン与えられたので、何とか押し切って倒すことができた…と思ったら、なんとゴーレムが復活した。なんてこと! と思いながらもう一度戦った。1ターンで倒せたけど。

 あれやこれやで、倒すのに20ターン近くかかってしまった。
 シールドスマイトのコストが高いので、TPが何度も尽きかかって、アムリタ2を大量に消費してしまった。

 クリアレベルは、バドウ:41、シャドウ:43、すなごし:45、あやや:45、No.5:43。

 もう一度町へ戻って態勢を整え、今度はB8Fへ。

 くるくる回っているワイバーンに挑む。
 こちらも同じような戦い方で撃破。ゴーレムよりはちょっと余裕だったかもしれない。アムリタ2も1個使っただけだったし。
 しかし、戦った後経験値が入らなかったのは何だか…これならわざわざ戦わなくても良かったかな。
 クリアレベルは、バドウ:41、シャドウ:43、すなごし:45、あやや:45、No.5:43。

 またもやf.o.e.を一人で倒せというクエストを受けていたので、もう一度町で態勢を整えた後、バドウ一人で迷宮へ。
 今度の敵は「水辺の処刑者」。出現ポイント近くでランダムエンカウントする雑魚と戦っていると出現して乱入してくるf.o.e.。ちょっと面倒臭そうかな、と思いつつ、出現ポイントを目指す。
 が、B11FからB12Fへ降りる階段へ向かう途中の雑魚を倒した後、なぜか「酒場で受けたクエストを覚えているだろうか…」のメッセージが出てきた。樹海磁軸も近いので、町に戻って酒場で報告してみる。
 ちゃんと受理された。

 水辺の処刑者は倒していないのに。倒したのはキラーアントと森林ガエルのペアなのに。
 バグだろうか。
 それとも、水辺の処刑者出現ポイントまで行くのが面倒臭くなって、バドウが水辺の処刑者を一人で倒したつもりになって、嘘の報告をしたのだろうか。
[PR]
by die-Abdiel | 2008-05-11 21:14 | ゲーム

ソードワールド2.0

 昨日、ちょっと寄り道をして、電車の乗換駅にある本屋に足を運んだ。

 面白げな本が無いかな、と思いながら棚を眺め、漫画を一冊。

 小説も何か良いのがあればとふと見ると、ソードワールド2.0のルールブックが置いてあった。2冊。
 以前探していた時はTRPG関連の書籍を扱っているお店に無かったから、人気のタイトルだし、早速捌けちゃったのかな、と思ったり、致命的な誤植があるらしいから、ひょっとすると回収したりしたのかしら、と思ったり。
 でもある所にはあるものなのね。無事入手できて良かった。

 どんなもんかな、と思って表紙を捲る。

 あれ、索引…?
 パラパラとページを捲ってみると、どうやら左綴じの本らしかった。カバーを付けてもらったので、気付かなかった。
 ちょっと横書きの文庫本って、違和感がある。読んでいると、横書きにする意味は分かるんだけど。

 ちらちらFEARの本を意識しているのかな、と思う部分もあった。
 例えば、サンプルキャラクターを一通り載せて、そこから選んで遊ぶやり方と、1からキャラクターを作るやり方とを用意している所とか。魔法を一つ一つ表の形にしている所とか。以前はサンプルキャラクターなんて無かったし、魔法も全部ベタ書きだったし。この方が見やすいからそうしたのだろうけど。そう考えると、FEARのルールブックの作り方って、上手いんだなと思った。

 行為判定についても、関係する技能や能力値が細かく記述されていた。どういった場合はペナルティがかかるとかも。解除判定はスカウトorレンジャー技能レベル+器用度ボーナス、ツールが無ければ-4のペナルティとか。何となくそのぐらいはフィーリングで分かるだろう、と思ってしまうので、親切なような、却って煩雑なような気もしてしまう。が、初めてやる人にはどの程度ペナルティを加えたら良いか分からないだろうから、ちゃんと記述しておいた方が良いのだろう。
 ただ、命中力判定の説明が「成功すると宣言した攻撃が命中する。」とか、厳密に説明しようとして変な文章になっているのがあったりして、ちょっと文章に違和感を覚える部分もある。
 そんな感じでデータを細かく用意されていて、非常に良いと思った。
 ただ、難を言えば、武器のデータとか、モンスターのデータの辺りの文字が小さいのが少々読み難いだろうか。ページ数も限られているだろうから、仕方の無いことかもしれないけれど。

 変な文章といえば、達成値の比べあいの例がおかしかった。
 「『人間とタビットはどちらがよりエルフに好かれるか』という話が発展して、水泳対決となったのです。」
 どういう状況だ、それw
[PR]
by die-Abdiel | 2008-05-10 21:03 | TRPG・ボードゲーム・ARG

女王とその奴隷たちの暮らす宮殿

 良いお天気だったので、シーツを洗濯してみたり、シンク周りを磨いてみたり、お風呂のカビ取りをしてみたりと、色々な所を掃除してみた。
 充実した連休最終日になったと思う。

 空き時間には、もちろん世界樹の迷宮をしながら時間を潰す。

 昨日の続きで、ブシドーの( ・▽・)のレベル上げ。
 B11F、B12Fのマップを埋めつつ、遂にレベル20に到達。
 病弱な少年も、飛び跳ねながら喜んでくれた。

 卸し焔のスキルを取得してみたところ、説明書きに炎属性攻撃になるとある。炎属性ということは、ひょっとして、チェイスファイアできるのかしら。

 早速パーティメンバーを組み直し。
 前衛には、ソードマンの「バドウ」とブシドーの「( ・▽・)」。
 後衛には、メディックの「すなごし」とアルケミストの「あやや」、レンジャーの「No.5」。

 ダンジョンに潜って、実験してみる。
 ( ・▽・)が卸し焔を使い、バドウがチェイスファイア。
 予想通り、ちゃんとチェイススキルは発動した。

 ひょっとしたら、属性攻撃がよく効く相手に対しては、あややと( ・▽・)が属性攻撃を繰り出してバドウにチェイスさせたら、押せ押せな感じで強いのかしら。でもアリは炎属性あまり効かないようだから、差し当たってのスキルの選択を間違えたかもしれない。

 ただ、B12Fの隠し通路の向こうはハイガードアントを倒さないとハイキラーアントが何度も沸いて出てくる。f.o.e.と連戦するならシャドウがいた方が良いかもしれない。
 そう思って、消耗した頃に1度町に戻って再度パーティメンバーを組み直し。

 前衛には、ソードマンの「バドウ」とパラディンの「シャドウ」、ブシドーの「( ・▽・)」。
 後衛には、メディックの「すなごし」とアルケミストの「あやや」。
 No.5も本当は連れて行きたいのだけれど、アイテムを集めるクエストは受けていないから、とりあえず採取できるレンジャーは外してみようか、ということで。

 ハイキラーアントやハイガードアントたちを蹴散らしつつ、最奥へ。
 クイーンアントの近くの隠し通路を開通させると、1度町へ戻って回復しておく。

 態勢を整え、クイーンアントに挑む。
 いつものように、シャドウとすなごしで防御スキルを使う。( ・▽・)はツバメがえしで応戦。あややとバドウで魔法&チェイススキル。
 ( ・▽・)が一撃で死ぬことがあるので、2ターン目からはシャドウがガードしたり、すなごしがリザレクションを唱えたり。ほぼあややとバドウだけが攻撃しているような感じだったので、そのうち押し負けた。

 ( ・▽・)のレベルが23と低いのがまずいのかと思い、再度パーティを組み直す。
 前衛には、ソードマンの「バドウ」とパラディンの「シャドウ」。
 後衛には、メディックの「すなごし」とアルケミストの「あやや」、レンジャーの「No.5」。
 結局かぼちゃーず初期メンバーで再アタック。

 今回はクイーンアントに対して先制攻撃を取ることができた。No.5の先制ブーストが効いたのだろうか。お陰で安心して支援スキルを使って戦闘に臨むことができた。
 No.5のサジタリウスの矢もかなりダメージを叩きだせる。また、このメンバーだとダメージを受けた後にすなごしがきちんと回復をしておけば、即死することは無さそうだった。ので、シャドウもガードではなくシールドスマイトで攻撃に転じることに。
 TP消費が激しいのでTPが尽きかかったけれど、ちょうどそのターンで止めを差すことができた。

 クリアレベルはシャドウ・すなごし・あややがレベル39、バドウ・No.5が38。
 やはりレベル23の( ・▽・)が足を引っ張っていたようだ。
 最初から初期メンバーでアタックしていたら、もうちょっと低いレベルでも戦えたかもしれない。でも、色々パーティーの組み合わせを変えてみるのも面白かったので、良いかな。
[PR]
by die-Abdiel | 2008-05-06 23:06 | ゲーム

青く輝く神秘の森

 B11Fに降りられるようになったかぼちゃーずメンバーたち。

 ピットでB12Fに落とされたりしながら、ちまちまとマップを埋めていく。
 奥の方でレンに会った。ブシドーの秘伝の書を貰う。これでブシドーが作成できるようになった。

 病弱な少年が異国の達人を見たがっているので、ブシドーを新たにかぼちゃーずのメンバーに加えることに。
 彼の名は、( ・▽・)。
 このように渋い男なら、少年も喜んでくれるはず。

 パーティメンバーをバドウから( ・▽・)に変更。
 金鹿の酒場の要求レベルが20なので、クエストをこなしながらレベル上げ。
 レベル15まで上がった。
[PR]
by die-Abdiel | 2008-05-05 22:15 | ゲーム

密林に鎮守する獣の王

 ようやくB10Fへ降りられるようになった。
 結構広いマップで、長いなー、なんて思いながら奥へ進んだ。

 何度か町へ戻りつつ、マップを埋めつつ、奥へ奥へ。
 途中、レンとツスクルに出会い、回復してもらえた。

 そのまま奥へ進み、ボス部屋へ。
 扉を開けたら、いきなり目の前にケルヌンノスがいた。そのまま戦闘に突入。
 いつものごとく、シャドウの防御陣形とすなごしの医術防御を使う。
 ヒーラーボールを召喚されたけれど、あややの大雷嵐の術式とバドウのチェイスショックで難なく一掃できた。
 追加でヒーラーボールを召喚された場合のことを考えて、一応全体魔法を連発しつつ、バドウはTPを節約するためレイジングエッジでケルヌンノスを狙う。
 けれど、特に追加でヒーラーボールがやってくることもなく、そのまま倒せてしまった。全体魔法使った分がちょっと無駄になったような気がした。

 第2層のクリアレベル、34。
 こんなもんなんだろうか。ちょっと寄り道してしまったような気がするので、その分高めなんじゃないかという気もする。

 階段を下りて、B11Fの樹海磁軸から町へ。

 一人でB6Fの森の破壊者を倒すというクエストを受ける。

 一番殲滅力があるのは、と考えて、バドウに任せることに。
 冒険者ギルドでバドウ一人になると、単独B6Fへ突っ込んだ。
 森の破壊者のメモ付きのアイコンをつけているモンスターのアイコンを目指す。運良くエンカウントも少なく、雑魚に困ることは無かった。

 森の破壊者の元に辿り着き、挑む。
 最初のターンで、持っていたストナード2を使用して防御力を上げておく。ダメージを減らして回復の手間を省くために。
 その次のターンからは、ひたすらレイジングエッジで攻める。特に回復の必要も無く、数ターンで倒すことができた。
 さすがおにいちゃんだ。
[PR]
by die-Abdiel | 2008-05-04 23:40 | ゲーム

日々の徒然を書き綴ったり書き綴らなかったり。


by die-Abdiel

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日記
ゲーム
Ragnarok Online
マビノギ
しまにてぃ
BlogPet
コレピク
TRPG・ボードゲーム・ARG
ニュース
手芸・和裁・洋裁
アート
映画
食べ物
旅行・観光
舞台
本・書評
バトン
人形
Web拍手レス
ファッション
コンピュータ
未分類

タグ

(24)
(23)
(22)
(15)
(13)
(7)
(6)
(6)
(4)
(2)

以前の記事

2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

ルーンファクトリー 2≪..
from 任天堂で遊びましょ
リサ ガスパールまとめさいと
from リサ ガスパール情報館
ポールスミス腕時計愛用者..
from ポールスミス腕時計愛用者のお..
セオリー
from セオリー
セオリー
from セオリー

Abdielの最近読んだ本

Abdielの最近やったゲーム

コミックダッシュ! Abdiel の所有コミック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
ゲーム

画像一覧