<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

世界中の迷宮・レベル上げ中

 転生したてのメディックすなごしのレベルを上げるべく、f.o.e.を狩る。
 上の層から下の層へ、順に下りながら殲滅していく。

 カマキリとか象とか、苦戦した敵も、今や1ターンで倒せるようになっている。
 皆レベル60台だもんなぁ、いつの間にか、強くなったなぁ。もちろん、レベル上げ中のすなごし以外のメンバーが、という意味だけれど。

 f.o.e.のドロップ品も高額なものが多いので、結構お金が溜まってきた。高額な武器や防具に手を出すこともできそうだ。

 すなごしのレベルを上げている傍らで、レンジャーのNo.5のレベルも70になった。
 現在、すなごしのレベルは33。
 No.5もすぐに転生させるかどうか、悩ましい。あまり次々転生させると、パーティの平均レベルが下がって逆に苦戦することにもなりかねないので。

 ステータスは、こんな感じ。

No.5 Lv.70 レンジャー
HP:467 TP:135
  • AGIブースト:Lv.3

  • 弓マスタリー:Lv.10

  • 先制ブースト:Lv.5

  • 先制ブロック:Lv.5

  • トリックステップ:Lv.5

  • ファストステップ:Lv.5

  • アザーズステップ:Lv.5

  • パワーショット:Lv.10

  • ダブルショット:Lv.10

  • サジタリウスの矢:Lv.10

  • オウルアイ:Lv.1

  • 伐採:Lv.1

  • 採掘:Lv.1

  • 採取:Lv.1

[PR]
by die-Abdiel | 2008-06-29 22:02 | ゲーム

心に涙する者と出会った道

 世界中の迷宮は進んでいるのかとツッコミを受けたので、近況報告をば。

 金鹿の酒場のクエストをこなしつつ、レベル上げをしつつ、第5層のマップを埋めつつ進めている。
 「去れよ死神、と少年は言った」でしなる蜘糸、真紅の鮮血、深青の鮮血、謎の壁材を収集。「黄金男爵」で黄金の毛皮を10枚収集。「たおやかに優しい兄へ」でエンゼルウィング10個を収集。アイテムを集めるクエストが多くて、アイテム欄が圧迫された。お陰で何度も町に戻る羽目になった。

 その後、常時パーティメンバーに入れていたメディックすなごしが遂にレベル70に到達。
 ステータスはこんな感じ。

すなごし Lv.70 メディック
HP:417 TP:208
  • TPブースト:Lv.3

  • 回復マスタリー:Lv.10

  • 戦後手当:Lv.1

  • キュア:Lv.3

  • キュア2:Lv.3

  • キュア3:Lv.10

  • エリアキュア:Lv.3

  • エリアキュア:Lv.10

  • リザレクション:Lv.5

  • バインドリカバリ:Lv.5

  • リフレッシュ:Lv.8

  • 医術防御:Lv.10

  • 医術防御2:Lv.1

 第5層のマップは階段の上り下りがいくつもあって、ちょっとややこしい。
 とりあえず、B24Fへ下る方の階段の先は全部埋めることができた。B21Fへ登った先のマップはまだ埋めていない。

 レベル70になったすなごしは引退させた。代わりに、ちょっと有能なすなごしを紹介してもらった。むしろ転生か。
 身包み剥いでおいた装備品を、新たなすなごしに装備させる。

 当面は転生してLv.1になったすなごしのレベル上げをして、それからB21Fへ登った先のマップを埋めよう。
[PR]
by die-Abdiel | 2008-06-28 21:01 | ゲーム

引越し2日目

 新しい職場への搬入作業。
 とはいっても、物品を運ぶのは業者さんで、運ばれてきた荷物を整理するのが我々の仕事なのだが。

 我々の荷物は後で、先に先生方の荷物が先に搬入されていた。

 M先生が誰か手伝い手を欲しがっていた際に、我々は手持ち無沙汰だったので、M先生の部屋に大挙して押し掛けた。
 しかし、実際に必要な人手はせいぜい1、2人。残りの人間は、机の上においてある工具をいじったりしてM先生をいらつかせていた。黙っていじるだけならまだましだけれど、Y君とWさんは要らんことを話しかけてくるからたちが悪いと仰っていた。その気持ちはとても分かる。
 あまりイライラさせても悪いので、とりあえず、机についた汚れを頑張って落としているふりをした。少し汚れが薄くなった。

 その後は、本棚に本を並べたり、我々の部屋に机やダンボールが運び込まれたらそれらを整理したり。

 またも、大した仕事はしていないはずなのに、ぐったり疲れてしまった。
 体力が無さ過ぎなのかもしれない。

 明日は1日寝て過ごそうと思った。
[PR]
by die-Abdiel | 2008-06-27 22:51 | 日記

引越し1日目

 職場の引越しの為、1日梱包作業。

 本を詰めたり、パソコンをパッキングしたり、その他細々した物をダンボールに詰めたり。

 大した働きはしていないのだけれど、何だかぐったり疲れてしまった。
 ガムテープの臭いに酔ったのか、頭痛が酷かった。また、普段立ち仕事をあまりしていないせいか、足も疲れた。

 シールを貼るぐらいしかあまり仕事をしていなかったY君がちょっとむかついた。S君とかは、割とこっちの考えていることを察して動いてくれたのに。
 こういう場合、気がきく人とそうでない人で仕事量が変わってしまうのは仕方無いかもしれないが。

 秘書さんに
「何か手伝えることありますか?」
と聞いた時に、
「とりあえず、Y君に突っ込みを入れておいて下さい」
と言われた。
 私が突っ込み役ですか、と思ったけれど、おそらく秘書さんもそれぐらい切羽詰っていたのだろう。
[PR]
by die-Abdiel | 2008-06-26 22:50 | 日記

いっぱい読んだ

 先月24日からつけ始めた読書メーター。
 今日でちょうど30日。

 読んだ本の数:14(1日平均0.5)
 読んだページ数:4483(1日平均149)

 記録をつけ始める以前に読んだ本の日付が分からなかったので、本当に読んだ実数だ。
 ソードワールドのルールブックとか、「読んだ」と言って良いのかどうか怪しい物もあるけれど。
薄い本も混じっているけれど。

 思ったよりも沢山読むことができた。
 意識して読んでいると、確かに1日150ページぐらい読んでいるようだった。
 本当は、1週間に1、2冊ぐらいのペースじゃないかと思っていた。
 何か、読書記録を付けることが、きちんと読む意欲に繋がっているのを感じる。素晴らしき哉、読書メーター。

 気付けば、何人かの友達が釣られて読書メーターをつけ始めたりなんかしてくれている。
 私は今、とても調子に乗っている。

c0044075_0132032.gif

 c0044075_0133297.gif

 
[PR]
by die-Abdiel | 2008-06-23 23:43 | 日記

アンカー展

 スイスの画家、アルベール・アンカーの回顧展。

 画家の故郷に住んでいた農村の人々を描いた作品が主。
 例えば、老人と子供、餌をやる子供や下の子の面倒を見る子供など。そういった題材になるのは、やはり、両親が共に農作業で働いており、必然的に祖父母が子供の面倒を見ていたり、上の子が下の子の面倒を見ていたりするからだろう。

 特に子供が好きらしいと感じたのは、学校等を題材にした絵。
 教育にも熱心だったそうだ。
 こういう、農村の子供達にもきちんと教育しようと考えるようになったのは19世紀からということなのだろうか。遊びから学ばせていくとか、確かに今の初等教育もそういう要素があったと思う。

 子供の表情も良かったが、「少女と2匹の猫」の猫も素敵だった。
 肉球がぷにっとしているのが。

JR 京都伊勢丹 美術館「えき」KYOTO
アンカー展 ~故郷スイスの村のぬくもり~
開催期間:2008年5月24日(土)~6月22日(日)
入館料:一般900円(700円)、高・大学生700円(500円)、小・中学生500円(300円)
http://www.wjr-isetan.com/kyoto/floorevent/index_7f.html
[PR]
by die-Abdiel | 2008-06-22 21:12 | アート

ゆるせない話

 人志松本のすべらない話みたいな感じでゆるせない話を語るというのがマイブームだそうで、メッセンジャーでネタを聞かせてもらったり。

 私もちょっと投下してみたけど、笑えなかった。やっぱり言わなきゃ良かったかなと思った。

 どうも愚痴を言うのは苦手だ。ついつい重くなってしまう。悩みだすと、勘定のデフレスパイラルが起こるので。

 愚痴も言う練習をしないと冗談にならないと言われた。冗談と一緒で、軽く言えるようになるそうだ。
 確かに、嫌なことも軽く笑い飛ばせるようになりたいな、と思う。精進しなければ。

 とりあえず、「さすわよΨ(・∀・)Ψ」の顔文字は面白かったので、そのまま辞書に登録させてもらった。
 おつうスラッシャーも、良い味が出ていた。

 でも、聞いてもらえて、嬉しかった。ちょっと救われた。
 「B型自分説明書」に「悩み・不安は遠くの人に話してスッキリ。近くの人にはなかなか言わない」とあったのを如実に実感した。

 当面は、「さすわよΨ(・∀・)Ψ」を合言葉に乗り切ろうと思う。

 さすわよΨ(・∀・)Ψ
 さすわよΨ(・∀・)Ψ
 さすわよΨ(・∀・)Ψ

 注文した本が届いたら、楽しんでハイになろう。
 久々のホワイトハート。
[PR]
by die-Abdiel | 2008-06-22 01:00 | 日記

乱立するかつての遺産

 ようやく第4層をクリアした世界樹の迷宮。
 再度枯レ森を通り抜けて、第五層へ。

 …シンジュクかぁ。
 あぁ、やっぱりなんか、アトラスのゲームだなァ。

 樹海磁軸を使えるようにし、一旦町へ戻る。

 B16Fの隠し通路の奥へ行き、マンティコアと戦う。
 いつも通り、シャドウの防御陣形とすなごしの医術防御でダメージを防ぐ。
 しかし、状態異常攻撃が非常に厄介だった。スキルを使いながら戦っている最中に呪いにかかってしまい、呪いの反動や毒のダメージでバドウとシャドウ、あややが倒れてしまった。

 先程までの攻撃である程度マンティコアのHPは削れているとは言うものの、前衛が二人ともやられてしまって後衛が前に出てきてしまった。No.5が攻撃して、押し切れるか? すなごしはリフレッシュをかけるべきか、それともエリアキュア2をかけるべきか?
 結局、No.5はパワーショット、すなごしはリフレッシュをかけることにした。
 そのターンは何とか持ちこたえ、その次のターンにマンティコアを無事倒すことができた。

 クリアレベルは、バドウ(ソードマン):58、シャドウ(パラディン):58、すなごし(メディック):61、あやや(アルケミスト):55、No.5(レンジャー)59。

 その後、B21Fを探索。

 橋の上で、レンとツスクルと戦闘。

 とりあえず、魔法を使ってくるカースメーカーのツスクルから先に倒す。
 でも、マンティコアの状態異常攻撃の方が厄介だったような気がする。
 レンの方も、防御陣形や医術防御でダメージを防いでいれば、さほど怖くは無かった。

 クリアレベルは、バドウ(ソードマン):59、シャドウ(パラディン):58、すなごし(メディック):61、あやや(アルケミスト):56、No.5(レンジャー)59。

 第4層はやや中だるみを感じることもあったけれど、でも、第5層はとても楽しい。

 B21Fのマップは、何だか異星人同士が手を繋いでいるように見えて、何だかユニークだ。何となく、「PIXY」のマップなんかを思い出してしまう。また、きちんとマッピングしていけばまだ行っていない地点の構造もおよその予測がつくので、案外動きやすい。

 それに、グラフィックも素敵だ。

 ビルを覆う木々。そこに生える水晶。
 ビルの間を行き来するには、ビルの間の太い枝を橋にして伝っていく。そして、そこから横を眺めると、葉や幹の向こうに霞む摩天楼が望む。

 退廃した、静謐な雰囲気。
 けれど、どこか生命の息吹を感じさせる場所。

 そして、それに乗って流れる単調のワルツ。淡々と繰り返し聞くうちに、だんだん耳から離れなくなっていく。はまっていく。

 ただただ、そこに居て、耽溺するための空間。

 そんな所なのだ。

 残されたメモなんかを読んで、
「ああ、だから『世界樹の迷宮』なのね」
と、すとんと心に落ちた。

 もう、大好きなんだぜ…!
[PR]
by die-Abdiel | 2008-06-14 22:36 | ゲーム

池袋注意報

 マイミクさんの日記を見て知ったこと。

 ある会社に、例の秋葉原の連続殺傷事件を真似て
「池袋で100人殺してやる」
という内容の脅迫状が届いたらしい。
 また、似たような通報は100件ほどもあるらしい。
 例えば、アメ村でも犯行予告があったらしい。
 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080614k0000m040051000c.html

 大体、大きな事件の後はそれに続いて模倣犯や愉快犯が沢山現れる。そして、大方は愉快犯であろうとも思う。
 けれど、その中のどれかが本気で犯行に及ぶつもりということが無いとは限らない気がする。

 ちゃんと通報されたということは、警察も最善を尽くしてくれると思う。
 けれど、絶対に防ぎきれるとも限らないと思う。

 確かに、起こるかどうかもはっきり分からないのに、噂だけ広めるのは良くないと言えば良くない。下手に騒いでパニックになってはいけないし。

 幸い、東京在住の知り合いは少なくて、特に池袋でどうこうする人はいない。
 けれど、万が一、どこかで何かが起こったら嫌だなあという気持ちはどうしても持ってしまう。

 気をつけろったってどう気をつけたら良いのか良く分からないようなことだし。気をつけていたって、殺す気で突っ込んでくるトラックなんか避けようが無いし。
 用事があれば、結局もう普通に行くしかない訳だけれども。
 それでも、繁華街の人通りの多い所へ行く時は、気をつけてね、って、思ってしまう。

 憎んだり怒ったり、他人を殺してやりたいと思う事って、あると思う。
 けれど、本当に実行したらまずいよなぁ。まして、無関係の人を無差別に大勢殺すなんて。

 何故そんなことをしようと思ったかなんて分かりようが無いのだけれど、やめて欲しいなぁ。
 実際には実行するつもりの無い愉快犯の脅迫状だったとしても、罪は罪だよ。

 リンクOKらしいので、件の日記のURLを張っておきます。
 mixiのアカウントをお持ちの方は、興味があれば、どうぞ。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=836492820&owner_id=11190709
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=837203737&owner_id=11190709
[PR]
by die-Abdiel | 2008-06-13 21:47 | 日記

帰ってきたカラマーゾフ

 カラマーゾフの兄弟1巻を読み終えたそうで、貸した本が秘書さんから帰ってきた。
 貸したの、いつだったかな。確かゴールデンウィーク前だったような気がするが。かれこれ1ヶ月ちょっと貸していたのか。
 1巻なんてどうせ斜め読みで良いから、1週間ぐらいで読み終わるんじゃないかという読みは大きく外れたようだ。続きが気になってよじよじさせては可哀想だと思って2巻を職場に持って行って待機させていたけれど、その必要は無かったかもしれない。

 「最近は何を読んでいるんですか?」

 「うっ、最近読んだ本ですか…」

 本やらゲームやらの影響で、最近すっかりファンタジー脳です、とはとても正直に言えなかった。

 だって、秘書さんは、バレエが大好きで、プロコフィエフなんかを聴いていて、
「他にはジェーン・オースティンとか読んでます」
なんて言う古典な人なんだもの…!!

 「えっとね、『偽善エコロジー』っていう本を読みましたよ。ゴミの分別とか、実は意味が無いみたいな話を書いている本です。新書なんですけどね」
そこから環境問題に話をすり替えて、事無きを得た。

 大体、TRPGとかリプレイとか、知らない人に説明するのが難しすぎる。どう言うのが良いかよく分からないから、あまり突っ込まれたくないんだよなぁ。

 もうちょっと、人に聞かれても恥ずかしくない本を読む割合を増やすべきか。
 社会に適応する為に。
[PR]
by die-Abdiel | 2008-06-11 21:45 | 日記

日々の徒然を書き綴ったり書き綴らなかったり。


by die-Abdiel

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
日記
ゲーム
Ragnarok Online
マビノギ
しまにてぃ
BlogPet
コレピク
TRPG・ボードゲーム・ARG
ニュース
手芸・和裁・洋裁
アート
映画
食べ物
旅行・観光
舞台
本・書評
バトン
人形
Web拍手レス
ファッション
コンピュータ
未分類

タグ

(24)
(23)
(22)
(15)
(13)
(7)
(6)
(6)
(4)
(2)

以前の記事

2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

ルーンファクトリー 2≪..
from 任天堂で遊びましょ
リサ ガスパールまとめさいと
from リサ ガスパール情報館
ポールスミス腕時計愛用者..
from ポールスミス腕時計愛用者のお..
セオリー
from セオリー
セオリー
from セオリー

Abdielの最近読んだ本

Abdielの最近やったゲーム

コミックダッシュ! Abdiel の所有コミック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
ゲーム

画像一覧