<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ディセントでかすぎわろた

 ディセントをやるというので参加させてもらって来た。
 ディセントというのは、GM1人とプレイヤー4人でやるTRPGっぽいボードゲーム。

c0044075_15132082.jpg こたつの上のディセント。驚きのでかさ。
 見たことのないAmazonの箱に入って送られてきていた。

c0044075_15151655.jpg キャラクターを選んだり、タイルを配置したりしたところ。
 でかいなー。
 プレイヤーは、スカイちゃんを連れた鷹匠と、アライグマのパコちゃん(だったかな?)を連れた野人と、斧戦士と専属魔法使いの4人。

 とにかく、スカイちゃん強すぎ。敵の防御を1下げるという能力も良いし、接敵させておいて敵の移動を邪魔することもできるし。
 あと、魔法使いの魔法陣に乗らなくても魔法陣から6マス以内に立ったら魔法陣が活性化できるという能力も強かった。全員が廊下から進軍するとどうしても色々と邪魔になって遮蔽が厳しくなるので、廊下側から戦士が壁になりつつ魔法使いに魔法陣を活性化させてもらって、弓の人達に機動力を活かして魔法陣から突入してもらうという風にした方が制圧しやすい感じがした。移動のしやすさと、2方向から攻撃できるというメリットが得られるので。
 ザコは普通に移動して攻撃か、立ち位置を工夫して2回攻撃して殲滅していくとサクサク減らせる。その点で、統率力のスキルはかなり優秀だった。回避や休息などのトークンを使いながら移動して攻撃できるので。
 ボスは、なるべく攻撃が届かない範囲に位置を取って、休息トークンを使って疲労を回復しつつ、疲労を消費してパワーダイスを増やして攻撃、というパターンでやるのが良さそう。ダイスを増やさないと敵の装甲が硬過ぎてダメージが通らないので。

c0044075_15381987.jpg ゲーム終了。
 説明書きには1回2~4時間と書いてあったけれど、初めてということもあってか6時間もかかってしまった。長かった・・・
 クエストもいくつか冊子に掲載されていて、総プレイ時間は240時間位になるそうだ。でもきっと、全部のクエストをやっていたら240時間では収まらないだろうな。今回既に、2時間タイムオーバーしてしまっているから。
 (タイルとかは)必要な分だけ抜けば良いと思うよ、と言ったのに、買い出しから戻ってきたら何か頑張って全部抜いていたのもちょっと大変だったんじゃないかと思った。100均とかでチャックの付いてる袋を買って来ないと、トークンとかの管理が大変そう。

c0044075_1547139.jpg 今回使ったキャラクター。
 TRPGファンとボードゲームファンは近い位置にあるというか、重なっている人達もいるけれど、やっぱりちょっと感覚は違うのかもしれない。
 キャラクターネームじゃなくて、普通にプレイヤー間で呼び合ったり話し合ったりしていたから。TRPGファンだったらこういう場合、キャラクターネームの方を使いたがりそう。

 ともあれ、楽しくゲーム出来て良かった。
 その後のことも含めて、来て良かったと思える一日だった。
[PR]
by die-Abdiel | 2011-05-21 23:11 | TRPG・ボードゲーム・ARG

【迷宮キングダム】第1回リプレイ

 参加させて貰っている「迷宮キングダム」のGMさんが、セッションを録音されている。
 この度、第1回目のセッションのリプレイが書き上がったとのことで、読ませて貰った。

 ツボを押さえてすっきりまとめられていて、すごく良い感じに仕上がっている。読んでいて、ああ、この時はこうだったなぁというのが思い出される。
 いつ頃やったんだっけ、と振り返ってみると、2010年9月19日にやったセッションだったようだ。地味に続いているなぁ。行きの電車で向かいに座っていた人が「スピタのコピタの!」を読んでいて、この人絶対TRPGやっている人だ、と思いながら見ていたら、その後集合場所にその人が現れたこととか、いまだに覚えている。懐かしいな。

 一人でここまで仕上げるのはとても大変だっただろう。
 GMさんの努力に拍手と感謝を。
[PR]
by die-Abdiel | 2011-05-08 11:37 | TRPG・ボードゲーム・ARG

パウル・クレー展

 京都国立近代美術館へパウル・クレー展を見に行ってきた。
 駅のポスターなんかを見て、よさげな絵を描く人だなぁと思っていたのだ。

 パウル・クレーが生み出したと言われる「油彩転写」の技法についても解説していた。
 下絵と黒い油絵の具で塗りつぶした和紙を用意し、絵具が乾いたらカーボンの要領で下絵を別の紙に写していくというもの。その上から水彩絵の具で着彩すると、油絵の具の部分は水彩をはじくので消えずにいられるのだそうだ。手が擦れたりして付いた黒い油絵の具の部分も独特の風合いがあって面白い。

 最近は絵を描く時間も体力ももう無いのだけれど、これはちょっと真似して遊んでみたい。

パウル・クレー展
http://klee.exhn.jp/
[PR]
by die-Abdiel | 2011-05-05 19:58 | アート

TRPGの嗜好

 物欲を語っていたら、連れがSW2.0の「アルケミストワークス」と「シノビガミ」を買ってくれた。ありがたや。

 「そんなにプリーストと忍者が好きなの?」
と連れに言われて、そんなにこだわっているつもりは無いんだけれど、と言っていると
「基本的にプリーストで、プリーストをやっていない時は忍者をやっている」
と言われた。

 試しに、連れと一緒にやったゲームで使ったキャラクターを色々思いだしてみた。

 D&Dではプリーストだった。
 GURPSで吹き矢とか使っているキャラクターを使っていたけれど、あれは忍者っぽかったそうだ。
 別のGURPSではシャーマンぽい医者をやっていて、これは純支援ちゃんだった。
 更に別のGURPSでは、魔法戦士をやろうとして結局回復役をやっていた。
 戦国霊異伝では蟲使いのくの一をやっていた。
 ベルファール魔法学園はやっぱり魔法使いなんじゃ?と言っていたら、
「あれは前歯で首を飛ばしていたから(そんなことしていないのに)忍者」
と言われた。
 キャラクターシートを掘り返してみると、広島でやったクリスタニアでもプリーストをしているし、函館でやったソードワールドでもプリーストをしている。
 確かに、連れと一緒にやっているゲームではプリーストか忍者のようだ。

 でも、連れと一緒にやっていない別のゲームでは、ホークマンをやって上空から弓を撃ちまくっていたこともあったしなぁ。
 央華封神では巫蠱をやっていたけれど、あれは他の人がやりたいキャラを取った後のあまりものだったはず。でもひょっとすると、こいつは回復役をやりたいに違いないと思われていて、皆避けてたりしたのかもしれない。私も、この人は戦士をやりたいに違いないとか、魔法使いをやりたいに違いないとか思っていたりするので。

 その他にも、このシステムのこういうところが好きとか嫌いとか、色々考えていたら、興奮して眠れなくなった。朝の5時くらいまで。
[PR]
by die-Abdiel | 2011-05-02 17:34 | 日記

Cross West Convention

 マイミクさんから大きいTRPGのコンベンションが開催されるとの情報を得て、行ってみることに。
 微妙な雨模様だったにもかかわらず、107名の来場者があったようで。ゴールデンウィークだからだろうか。凄いものだ。

 今回遊んだゲームは「ナイトメアハンターディープ」。超能力者になって、人に取り憑いたナイトメアを倒そうというもの。
 能面を題材に、角川ホラーのようなシナリオを遊んだ。すごいドロドロでゾクゾクした。声の聞きやすい人で、ロールプレイもうまいGMだったから、余計に盛り上がったのかもしれない。“関西一清々しいビッチ”と言われたりもしたことのある方だそうで、なるほどなー、と思ったりもした。

c0044075_179305.gif 自分のやったキャラクターは、「精神の心傷を癒す能力」「テレパシーの能力」「触れた物体の残留思念を読む能力」を持った駆け出し雑誌記者。精神を癒せるけれども、傷つけるかもしれないわよー?というイメージ。GMに
「とんでもない女がいたもんだ」
と言われた。褒め言葉と取っておこう、という感じだけれども。
 実際、コンベンションでやる一回きりのゲームにしては美しいキャラクター(美形という設定という意味ではなく、使いやすさと能力と設定などがきれいにまとまっているという意味)ができたと思っているので、自分では気に入っているのだ。良くも悪くも使える超能力という感じがして、良いと思うのだ。こういうの、好きだなぁ。回復も攻撃も調査もマルチにできるキャラクターで動きやすかったし。どちらかと言うと、調査向きに寄っているかもしれないけれど。

 ガンビットは、結局あまり参加しなかった。
 PODは判定の追加ダイスにつぎ込んだ方が良かったからだ。おかげでクライマックスまでノーダメージだった。
 もっとも、私のキャラがたまたまそうした方が都合の良いキャラクターになっていただけかもしれない。とりあえずガンビット宣言しておいた方が良いという人もいたので。違うタイプのキャラクターだとその辺も違うのかもしれない。

 今回のGMのダイス目。
c0044075_17341050.jpg 4D6で6ゾロ。
 6は10と読むシステムなので、一気に40ダメージが来た。

c0044075_1736172.jpg 5D6で3ゾロ。
 ダメージは15だけれども・・・1/7776の確率?計算合ってるかな?


 連れはアルシャードガイアをやっていたようだった。
 車のマシンヘッドをやりたいらしいのだけれど、今回も採用してもらえなかったらしいので、ダンピールをやっていたらしい。棺桶が個室で、カバーが死体らしい。他の人は皆まともなキャラクターを作っていたので、浮いていたと言っていた。そして、最後までちゃんと名前で呼んで貰えなかったらしい。

 いつも連れはマシンヘッドをやろうとして、却下されるかタイプ:ヒューマンをやることになるらしい。
 でも、ちゃんと質疑応答の時間を作ってくれているのだから、ちゃんと自分のやりたいことをやらせてもらえるかどうか確かめて参加するゲームを決めた方が良いんじゃないかと思う。そんなに何度も振られているのなら尚更。その方がお互いのためだし、マシンヘッド難民にもならずに済むと思う。GMはGMでダメなプレイヤーが来たと思っていそうだ。

 そういえば、大学時代の仲間内でアルシャードガイアをやった時に、私がヒーローのバイクという設定のマシンヘッドをやったことがあった。
 あのGMならきっと車のマシンヘッドも許可してくれたんじゃないかと思うのだけれど、何で連れがマシンヘッドをやっていなかったんだろうと思ったら、そもそも連れはそのゲームに参加していなかった。何で来てなかったんだっけと聞いてみたら、資格試験か何かで行けなかったと言われた。そういえばそうだったかもしれない。
 ごめんね、いつも私ばかり遊んでて、しかもマシンヘッドまでやっていて、とちょっと思った。
[PR]
by die-Abdiel | 2011-05-01 23:45 | TRPG・ボードゲーム・ARG

日々の徒然を書き綴ったり書き綴らなかったり。


by die-Abdiel

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
日記
ゲーム
Ragnarok Online
マビノギ
しまにてぃ
BlogPet
コレピク
TRPG・ボードゲーム・ARG
ニュース
手芸・和裁・洋裁
アート
映画
食べ物
旅行・観光
舞台
本・書評
バトン
人形
Web拍手レス
ファッション
コンピュータ
未分類

タグ

(24)
(23)
(22)
(15)
(13)
(7)
(6)
(6)
(4)
(2)

以前の記事

2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

ルーンファクトリー 2≪..
from 任天堂で遊びましょ
リサ ガスパールまとめさいと
from リサ ガスパール情報館
ポールスミス腕時計愛用者..
from ポールスミス腕時計愛用者のお..
セオリー
from セオリー
セオリー
from セオリー

Abdielの最近読んだ本

Abdielの最近やったゲーム

コミックダッシュ! Abdiel の所有コミック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
ゲーム

画像一覧