人体の不思議展

 前々から見に行きたいと思っていた人体の不思議展に、ようやく行くことができた。

 これは、プラストミックという、真空状態の中で死体を脱水し樹脂を染み込ませて作成した、生きた状態に近い状態で半永久的に保存できるという人体標本を展示したもの。数年前から全国を回っている巡回展示で、かなり人気があるようだ。
 展示されている標本は、全身標本から頭部、腕、臓器等の部分的な標本、神経や血管に色付けしたものなど。かなり多岐に渡っていると言うか、一通りのものは見れるのではないだろうか。珍しい所では、手術用具を装着した状態での標本もあり、なかなかショッキングである。
 生前に煙草を吸っていたらしい人の肺はすごく黒かった。逆に、胎児の標本は人形みたいにきれいだった。生まれたてだからだろうか。

 連れは、「全て生前の意志で献体された標本です」という断り書きを見て、「中国人の遺体なんだから、生前の意志といっても怪しんじゃないか」とか、「泌尿器系だけ晒されるのは勘弁して欲しいだろう」とか言っていた。見える状態の全身標本とどっちが嫌だろう。どっちも嫌だろうけど。
 見る分には気持ち悪さも無くて面白いと思えるけれど、じゃあ自分の死後に献体できるかどうかと考えると、ちょっと私には無理かもしれない。死んだ後は遺体じゃなくて物として扱われるんだというような潔い思考でも持っていれば平気なんだろうけど。そう思える人って、果たしてどのくらいいるんだろう。

 会場入り口付近に貼られていたポスターのモデルの標本が、妙に色っぽい流し目なのが気になった。死してなお色気を振りまくとは何たる色男かッ!と思って、帰りに売店を覗いてみたが、どうやらあのポスターは売り物ではなかったらしい。

人体の不思議展・京都展
開催期間:4月2日(土)~5月22日(日)
入場料:一般1400円、中・高校生700円、小学生400円
※前売り券での割引はないようなので、割引券を使った方が安上がりになる。
http://www.jintai.co.jp/main.html
[PR]
by die-Abdiel | 2005-04-23 22:03

日々の徒然を書き綴ったり書き綴らなかったり。


by die-Abdiel

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日記
ゲーム
Ragnarok Online
マビノギ
しまにてぃ
BlogPet
コレピク
TRPG・ボードゲーム・ARG
ニュース
手芸・和裁・洋裁
アート
映画
食べ物
旅行・観光
舞台
本・書評
バトン
人形
Web拍手レス
ファッション
コンピュータ
未分類

タグ

(24)
(23)
(22)
(15)
(13)
(7)
(6)
(6)
(4)
(2)

以前の記事

2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

ルーンファクトリー 2≪..
from 任天堂で遊びましょ
リサ ガスパールまとめさいと
from リサ ガスパール情報館
ポールスミス腕時計愛用者..
from ポールスミス腕時計愛用者のお..
セオリー
from セオリー
セオリー
from セオリー

Abdielの最近読んだ本

Abdielの最近やったゲーム

コミックダッシュ! Abdiel の所有コミック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
ゲーム

画像一覧