戦国自衛隊1549

 福井晴敏の小説を映画化したもの。

 実験中の事故で突然消失してしまった部隊が、実は戦国時代にタイムスリップしていたことが判明。それを捜索・救出するために1549年に再度タイムスリップし、歴史が変わりつつあることによって崩壊しようとしている現代を守ろう、というストーリー。

 若干不自然に感じるシーンもあるが、娯楽映画なので基本的にあまり気にはならないだろう。
 本来は鹿島始め自衛隊員達と織田信長の戦い、近代兵器と刀との戦いの話なのだろうが、どうも私は現代人はあまり印象に残らず、戦国時代の人物模様の方が印象的だった。
 七兵衛の
「私には義がございます」
といった台詞も好きだし、濃姫が扇に書いて贈った言葉も好きだ。「己心貫徹」だったかな。最初は武士然としていた斉藤道三が腕時計を使い出したり防弾チョッキを使い出したりする場面も面白かった。

 また、見せ場である近代兵器と侍との戦闘シーンもなかなか面白かった。きちんと両者の武器の長所短所を描き出している点が良かった。
 侍達は戦車を
「油が無いと動けんとは不便じゃのう。馬なら飼葉があれば事足りるに」
とこき下ろしていたりするし、弾切れした後は刀で斬り合っているし。

 余談になるけれど、バトルロワイヤルも弾切れの概念があったら良かったのに。そしたらマシンガン最強にならずに別の展開も有り得ただろうし、もっと面白くなったかもしれない。

戦国自衛隊1549
http://www.sengoku1549.com/pc/
[PR]
by die-Abdiel | 2005-07-02 22:04 | 映画

日々の徒然を書き綴ったり書き綴らなかったり。


by die-Abdiel

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日記
ゲーム
Ragnarok Online
マビノギ
しまにてぃ
BlogPet
コレピク
TRPG・ボードゲーム・ARG
ニュース
手芸・和裁・洋裁
アート
映画
食べ物
旅行・観光
舞台
本・書評
バトン
人形
Web拍手レス
ファッション
コンピュータ
未分類

タグ

(24)
(23)
(22)
(15)
(13)
(7)
(6)
(6)
(4)
(2)

以前の記事

2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

最新のトラックバック

ルーンファクトリー 2≪..
from 任天堂で遊びましょ
リサ ガスパールまとめさいと
from リサ ガスパール情報館
ポールスミス腕時計愛用者..
from ポールスミス腕時計愛用者のお..
セオリー
from セオリー
セオリー
from セオリー

Abdielの最近読んだ本

Abdielの最近やったゲーム

コミックダッシュ! Abdiel の所有コミック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
ゲーム

画像一覧